スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人が選ぶ最優秀ルークトゥン歌手!投票受付け中♪

第3回日本人が選ぶ最優秀ルークトゥン歌手

 3年前、イン・ティティカーンのアソンカイが無冠に終わった事に納得がいかなかった、バンコク在住日本人有志によって始まったこの企画。昨年は、曲ではなく歌手を表彰しようと趣旨を少し変更。ルークターンがその栄光に輝きました。これには、本人もとても喜んでくれて、事あるごとにアチコチのインタビューで、賞について話していました。


昨年の最優秀歌手ルークターンRサヤーム
(写真提供:Chiroさん)

 今年のノミネートは以下の通り。選定基準は、ヒット曲があり精力的に活動しているものの他で表彰されていない。というもののみ。特にわからない方でも知っている歌手に投票してもらっても良いですし、ひとりで何回投票してもらってかまいません。お気軽に投票をお願いします。
 なお、ノミネートされていない歌手で、入れて欲しい歌手がいましたら、コメントして下さい。20日まで受付けます。投票締切りは4月10日頃を予定してます。


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

ハロウィーンとルークトゥン歌手たち

楽しく盛り上がることが大好きなタイ人。
それはルークトゥン歌手たちも同じ。
10月31日のハロウィーンでは、たくさんの妙な、いや、
美し過ぎる?ゾンビと化した歌手たちの写真がアップされていました。
今回は、そんな写真を並べてみました。

本ブログの性質とは外れますが、たまにはこういうのもありということで。
当の歌手たちもタイ人として本来は仏教徒。
だけど、楽しそうだからと嬉々としてやってるのが
おわかりいただけるかと思います。



まずは、現在ルークトゥンの2大巨頭から

バイトゥーイRサヤーム

この化粧、たった20分で仕上げたんだそうです。


インリー・シーチュムポン

軽過ぎる気もしますが、ドラキュラ風?
まだまだ続きます。。。




続きを読む

テーマ : タイ歌謡曲の歌手
ジャンル : 音楽

【祝1位】カテー新曲トゥーッ【話題沸騰】

カテーの新曲トゥーッตื๊ด)がネット上で賛否両論の議論の渦巻く中、
本ブログでもお届けしているインテンシブウォッチ社の統計で第1位を獲得しました!


しかも、強いファン組織を持つパイ・ポンサトンと昔からの根強いファンに加えてRサヤーム移籍後に出来た新しいファンに支持されているメーン・マニワンを押さえての堂々たる1位です。



続きを読む

テーマ : タイ歌謡曲の歌手
ジャンル : 音楽

ターイ・オラタイ 日本人ファンへの特別メッセージ♪

2月28日(木)
 夜19時から23時頃まで、ラムイントラーにあるスラー・クナウット氏の自宅スタジオにて、ターイ・オラタイのニューアルバム発表記念プレス向けイベントが行われました。

 当日に情報をキャッチした当ブログ。行かない訳には行きません。しかし、ラムイントラーは車がない身には遠いのです。そこで、以前わたしにインタビューをしたスーパールークトゥンのスタッフにお願いして、一緒に連れて行ってもらう事に。。。

イベントの詳細は後日改めてアップするとして、まずはターイ・オラタイから日本人ファンへのメッセージ収録に成功しましたので、超速アップ!




ターイ・オラタイ ニューアルバム「パーサーラックチャークドークヤー Vol2」

ต่าน อรทัย ชุดพิเศด ภาษารักจากดอกหญ้า ๒


以下にメッセージの翻訳、収録曲ほかを追記しました。(2013/03/02)

続きを読む

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

プムプアン20周忌




ルークトゥンの女王、プムプアン・ドゥアンチャンが歌聖となって、20年。
今年もタイ全土アチコチで追悼イベントが行われます。
わたしも初めてスパンブリーのプムプアン寺に行って来ます。

本ブログ読者の皆様には、特に以下の音源をアップします。
まだ歌手の名前は明かせませんが、歌っているのはプムプアンのデビュー曲「ゲオ・ロー・ピー」
20年と言う月日が経ってもなお、タイ人の心に生きるプムプアン。
その証拠にこの歌を歌っているのは、彼女の死後丸2年経ってから生まれた18才の娘です。

さて、誰だかわかるでしょうか?




正解は後日、追ってお知らせしますので、お楽しみに!

※Tommyさん・・・わかっても答え書いちゃダメよ♪(笑)



ランキング参加してます。
ポチッとよろしく♪
追い越せK-POP!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ      にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ



テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

アリスマン

 4月10日に21人の犠牲者を出した赤服軍団の政府への抗議活動は、いまもラチャプラソン交差点(エラワンプームや伊勢丹の近く)を中心に行われています。その範囲はシーロム通りの方向へと延びてきているようです。シーロム通りとラマ4世通りの交差点一帯では、赤服とそれの活動に反対する黄色系と見られる集団が通りを挟んでにらみ合いを続けているようです。間には軍隊が防御線を敷いているとの事ですが、現場では一触即発的な雰囲気が漂っている模様。

現在、バンコクに滞在している方々はくれぐれも現場近くに近寄らないようにしてください。現場にさえ行かなければ、普段通りのタイの日常が繰り広げられていますし、危険はありません。


と、本ブログでこの話題を取り上げるには、やはり歌手との関わりをひとつ。
赤服軍団リーダーの一人にアリスマン氏という人がいます。(下写真)



彼は以前、RSに所属していたアイドル歌手でした。
いったい、どんな歌を歌っていたんでしょう?


続きを読む

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

タカテン デビュー秘話

 フェーン・ゲップ、ドークニオン・バーンカムが大ヒット中のタカテン。デビューからわずか3作目にして不動の人気と地位を築き上げたとも言えるかも知れません。

 そんなタカテンと先日来日していたアイドル歌手アイス・サランユーが同じオーディション番組出身だった事は、先日お伝えしました。今回はそのデビューまでの道のりとこぼれ話をお届けします。なお、これはテレビ番組のインタビューから記事と写真を起こしていますので、とくに写真は見づらかったりしますが、どうかご容赦下さい。




タカテン デビュー秘話


◆小さな頃
 タカテンの出身地はナコン・ラチャシマー県プラトンカム地区ノーンガリアン村。歌手として成功した今ではいい家も建てることができた。両親はタカテンは小さな頃から歌うのが好きだったと語る。あまりわがままなところはなかったけど、木登りが好きで気がつくと木の上からタカテンの歌声が聞こえて来たという。それを聞かされていて、うまいかどうかはわからなかったけど、声は良いんじゃないかと思ったという。


タカテンと両親


続きを読む

テーマ : タイ歌謡曲の歌手
ジャンル : 音楽

タカテンとアイス

◆タカテン・チョンラダーとアイス・サランユーは同期だった?!

 すでにご存知の方もいたと思いますが、特に先日来日していたアイス・サランユーの熱烈なファンなら気がついている人もいるかも。


 タカテンがFIRST STAGE SHOWというオーディション番組で勝ち残りデビューに至ったのは、割と有名ですがその年一緒にオーディションを受けていた中にアイス・サランユーがいた事をきょう、初めて気がつきました。(お恥ずかしながら・・・)今は絶版になっていますが、2004年5月にグランミーより発売された「FIRST STAGE PROJECT ALBUM」。その1曲目にアイスが収録されていました。

 タカテンとアイスはその前の年2003年に1年をかけてオーディションに参加。初回、月間、年間とそれぞれ勝ち上がり、このアルバムに至ったそうです

 
ファースト ステージ プロジェクト アルバム

続きを読む

テーマ : タイ歌謡曲の歌手
ジャンル : 音楽

Happy Valentine's Day

きょう、タイでは日頃愛してる人に男女の分け隔てなく、薔薇の花を贈り合います。 
だから、この時期薔薇の花は一年で一番の高値が付き、まさに高嶺の花となるのです。

友だち、恋人、夫婦、親子、同僚、上司、部下などなど。 
自分が大切に思っている人へ、日頃言いそびれているひと言を添えて。 
「いつも有り難う。ずっと愛しています。」と。 

今年も我が家は、電話。 
奥サンに、4人の妹たちに、お母さんに。 
できれば来年は。。。 

でも、自分の両親には・・・やっぱ、照れくさくってダメですねぇ。 


希少なわたしのファンの方、
本ブログ読者の皆さん、
この歌を心ばかりの贈り物として・・・

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ルークトゥンFM


 かつて第3次ルークトゥンブームがわき起こる以前に、 タイで初めてのルークトゥン専門チャンネルとしてスタートしたのが、このルークトゥンFMだ。 開局した当時、あれほどの人気が出るとは思ってはおらず、ダメだったら3ヶ月くらいでケツをまくるつもりだったとか。それがフタを開けてみるとあっという間に大人気となり、第3次ルークトゥンブームへと繋がる大きなきっかけともなったのだ。その後、人気DJが引き抜かれたり、進出して来た大会社に横やりを入れられたりしているうちに、あまり聞かなくなってしまった。ルークトゥン・マハーナコンに吸収合併されてしまったのかと思っていたら、 開局当時は95.0MHzだったのが、現在は94.5MHZという微妙なところで営業中。 日本にいてもネット配信が聞けるので、試してみて欲しい。

FM.gif


上のホームページ内にある「LiveFM」 または下のページでもでも聞ける。

http://luktung945.myradionetworks.com/

このサイトはタイのアチコチのFMを網羅しているので、 もう一つの「ルークトゥン・マハーナコン」も聞くことが出来る。 このルークトゥンFMが盛況だった頃は、ちょうどクン・ラムヤイが大ヒットしていたころだ。 ブームは、同じようなルークトゥン専門チャンネルをいくつも生み出した。 しかし、DJの引き抜き合戦が行われてしまい、このFMが真っ先に標的にされた。 そのため、ブームを利用してさらに防衛に努めるため映画を作成。 それが未だに売られ続けている「モン・プレーン・ルークトゥンFM」だ。 この映画には、ラジオのDJ以外は全てベテランから新人の歌手が配役される というある意味究極的なルークトゥン映画だった。

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 海外情報

タイトルのわけ

 このブログのタイトル「ルークトゥン・タイランド!」は、 旧サイトからそのまま流用した物です。 この名前にはちゃんと由来があるのです。 ゴット・チャクラパンがオリジナルアルバムとして3作目まで 使っていたのが「ルークトゥン・タイランド」でした。 そこから借用したのですが、当時4作目をリリースするタイミングだった事もあり、わたしは本人と公認のファンクラブへアプローチしました。そして、名前の使用とゴットファンクラブ日本語サイトとしてのお墨付きまでいただいてしまいました。 現在、そのファンクラブサイトは閉鎖されたのかウェブ上には見当たらないのがザンネンです。コチラにありました。)当時も今も、ゴットはルークトゥン界を引っ張る中心的存在。 このサイトもそのようになりたいと願いを込めて、 この新しいブログでもこの名前を使うことにしました。

got.jpg
ゴット ルークトゥン・タイランド3

ルークトゥンだけではなく、モーラムについても出来る限りアップしたいとも思ってます。 また、日本では手に入らないバンコク情報紙Webにて連載中のコラム 「心にいつも、る~くとぅん♪」(2009年1月で終了)に寄稿したものも随時アップする予定ですので、 お楽しみに! 最後に、わたしは現在、東京におりますのでどうしてもリアルタイムな情報が発信できません。ですので、タイのニュースやみなさんの感想などドンドンコメントお願いします。

テーマ : タイの歌手:ルークトゥン
ジャンル : 海外情報

Information

Please visit our sponsor's site
==== Japanese No1 Dance wear Brand ====


タイランドハイパーリンク【12人のタイブロガー】に選定されました。


★☆★☆★☆タイに行きタイ★今すぐ予約!☆★☆★☆★

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
Welcome!!
ยินดีต้อนรับ!!
บล็อกนี้แนะนำให้คนญี่ปุ่นเรื่องลูกทุ่งหมอลำตั้งแต่ปี่2546

ルークトゥンタイランドへようこそ
本サイトは2003年から
ルークトゥン・モーラムに
ついて紹介している
日本で最初の専門サイトです。


YouTUBEチャンネル
随時更新中

現場の雰囲気を満喫下さい


Facebookでも
最新情報更新中


いいね!お願いします。
Category
Article
Comment
Search
ブログ内検察はこちらから
Recommend
タイ東北地方には進学を
諦めざる得ない子ども達が
子どもたちがまだいます


当ブログも応援してます♪


ラオスの子ども達にも
等しく学ぶ機会を!



お買物で国際社会貢献
民族衣装・アジア雑貨

タイの歌手へ提唱提供中!
日本のダンスウェア販売
トップサイト



タイ関連No1
ポータルサイト

タイと日本を結ぶポータルサイト
チャンノイ.ネット



Visit Amazing Thailand!
かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

Friends' Link
Loogthung Link
Promoter
 R-SIAM
 GMM GRAMMY
 SURE ENTERTAINMENT

RadioStation

 Luktung Mahanakhon

Artist

 Jonus&Cristy

 歌手のサイトは
 リンク切れ多発のため
 検証中。
Monthly
Reccomend Books
My works
 本サイトは「そむちゃい吉田」が運営管理しています。1999年からタイに在住し、2003年8月よりホームページで本サイトの前身を開設。2008年より本ブログへ移行。FacebookページYouTubeチャンネルも開設し、現在に至りました。
 業界内でも知名度も上がり、近年は独自のコンサート企画やコラボ、日本とのコーディネートにも関わるようになりました。最近では、歌手から日本行きや仕事の紹介を頼まれることもあります。
 歌手を呼びたい。コンサートへ行きたい。など、お気軽にお問い合わせください。少しでも、一人でもタイのルークトゥンが広まり、ファンが増えることが本サイト最大の目的です。


そむちゃい吉田の著書
なお、出版社解散につき、増刷はありません。現在出回っているものがなくなり次第絶版です。涙






==こちらにも寄稿中==




↓こちらもよろしく↓

BLOG Ranking

当ブログが参加している
ランキング
記事を気に入っていただけたら
ポチッとお願いします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。