スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hit Chart 2553/11/27

ルークトゥン・ヒットチャート20
by ルークトゥン・マハーナコンFM95
本ヒットチャートは、バンコクのラジオ局 「ルークトゥン・マハーナコン」より
配信されるデータを翻訳、解説を加え隔週でアップしています。


2553年11月27日


 先月末にタイへ戻り、ラオスに行ったり来たり。さらに先日まで選挙直後のミャンマーへ行っていました。この1ヶ月、同じところに3日と留まることがありませんでした。これほど移動の多い月は生まれて初めてかも。こんな忙しさなのと、ミャンマー滞在中にネットできなかったこともあって先週のチャートをチェックできませんでした。そのため、先週の順位は空欄になってますので、ご容赦くださいまし。

 さて、わたしにとって初ミャンマーだったのですが、観光地へ行く間もなく僻地に、それも入境許可を取らないと入れないようなところへ行っていたので、どんなところだったのかよくわかっていないままに帰って来てしまいました。しかし、ヤンゴンの空港を出て車から街を眺めていて、まるでデジャブのような感覚になりました。それはまるで初めてマニラを訪れたときのような感じ。周りを走る車は日本の中古車ばかり。バスは見覚えのあるカラーリング。道中、見かけたバスは「熊本観光」「西武バス」「越後交通」「帝産バス」などなど。なんとも懐かしい気分になりました。でも、その排気ガスは真っ黒。一日歩き回ってシャワーを浴びれば、足下を流れ落ちる水が黒ずんでました。さらに洗髪の水も黒かったのには、昔のバンコクでも体験し得なかったので、むっちゃ驚きました。今月になって初めて同じところへ3泊した間に、少し気管支をやられたような気がします。かえってヤンゴンのように広い道路があるほうが風が抜けて、ここまでならない気がします。小さな街ほど排気ガスがこもるのかも。近いうちにミャンマー旅行をお考えの方はマスクを持って行くことをおすすめします。

 タイと同じ仏教国だけあって人はみな穏やかだし、街の犯罪も非常に少ないそうです。観光客がまだまだ少ないので、擦れた輩もほとんどおらず、女性同士の旅行でも安心して行けると思います。風光明媚なところも多いですし、隠れた観光地もたくさんあるので機会があれば、ぜひ行ってみてください。そうそう!車の中から見た印象がもうひとつ。それは「かわいい娘」が多い!これはタイやラオスやフィリピンよりも比率的には高いですよ!男性諸氏には急いで行くことをおすすめします。今後、政情が安定すれば観光客もうなぎ上りになることは間違いがないでしょうから、彼女たちが擦れてしまわないうちに急いで行きましょう。(笑)



さて、音楽ブログとしては当地の歌手を紹介しなければいけないでしょう。
以前、メコン川音楽祭で来日したダ・ジンの新作が出ていました。
でも、この写真じゃ誰だかわからない。。。
素顔の方がずっとかわいいのに、もったいない!



今回は全く時間がなかったけれど、また行く機会があったら連絡してみたいなぁ。
あ、新譜の内容は・・・普通のポップスです。(苦笑)
でも、彼女はミャンマー随一のトップ歌手。
見せた人はみんな知っていたし、誰もいいよコレ!と異口同音に言ってました。
とはいえ、ミャンマー語はわからないので、そう言っていたと思います。(爆)



続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

Hit Chart 2553/11/14

ルークトゥン・ヒットチャート20
by ルークトゥン・マハーナコンFM95
本ヒットチャートは、バンコクのラジオ局 「ルークトゥン・マハーナコン」より
配信されるデータを翻訳、解説を加え隔週でアップしています。


2553年11月14日


 ラオスはもとより、落ち着く暇の無い移動に次ぐ移動で、通信環境が安定せずに更新できないかとも思ったのですが、何とか無事に更新できました。これはウボンラチャタニーのその名も「シーイサーンホテル」にて書いてます。何とも自分にふさわしいというか、モーラム好きにはすぐにピンと来るネーミング。とはいえ、この由来がハニー・シーイサーンによるものなのかは不明。ここウボンは、かのターイ・オラタイや最近話題のカオティップの故郷であり、古くからモーラムの故郷とも言われています。グランミーの大御所スラー・クナウット師によるモーラム学校があるのもここウボン。そうなればじっくりと色々と見て歩きたいもの。しか~し! 13日夜に着いて、14日早朝にはラオスのパクセに移動しなければ行けないのです。まさに生殺しとはこのこと?そこに追い打ちをかけるように遅めの夕食に出てみると広場の屋台街には、素顔のカオティップやターイを想わせる女子がちらほら。。。これは何としてでも時間を作ってくるべき町に違いない。町とは書いたけど、ラオスから来た自分には大都市に見えてますが。ともあれ、次回もまともに更新できるかどうか。しばらくは不安な日々が続きますので、更新が大幅に遅れてもご容赦くださいまし。 それにしても、こんな時に次々と新譜、新曲がリリースされているんですよねぇ。わたしはまだ一枚も買えていません。とりあえず、テレビで我慢してます。





続きを読む

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

Information

Please visit our sponsor's site
==== Japanese No1 Dance wear Brand ====


タイランドハイパーリンク【12人のタイブロガー】に選定されました。


★☆★☆★☆タイに行きタイ★今すぐ予約!☆★☆★☆★

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
Welcome!!
ยินดีต้อนรับ!!
บล็อกนี้แนะนำให้คนญี่ปุ่นเรื่องลูกทุ่งหมอลำตั้งแต่ปี่2546

ルークトゥンタイランドへようこそ
本サイトは2003年から
ルークトゥン・モーラムに
ついて紹介している
日本で最初の専門サイトです。


YouTUBEチャンネル
随時更新中

現場の雰囲気を満喫下さい


Facebookでも
最新情報更新中


いいね!お願いします。
Category
Article
Comment
Search
ブログ内検察はこちらから
Recommend
タイ東北地方には進学を
諦めざる得ない子ども達が
子どもたちがまだいます


当ブログも応援してます♪


ラオスの子ども達にも
等しく学ぶ機会を!



お買物で国際社会貢献
民族衣装・アジア雑貨

タイの歌手へ提唱提供中!
日本のダンスウェア販売
トップサイト



タイ関連No1
ポータルサイト

タイと日本を結ぶポータルサイト
チャンノイ.ネット



Visit Amazing Thailand!
かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

Friends' Link
Loogthung Link
Promoter
 R-SIAM
 GMM GRAMMY
 SURE ENTERTAINMENT

RadioStation

 Luktung Mahanakhon

Artist

 Jonus&Cristy

 歌手のサイトは
 リンク切れ多発のため
 検証中。
Monthly
Reccomend Books
My works
 本サイトは「そむちゃい吉田」が運営管理しています。1999年からタイに在住し、2003年8月よりホームページで本サイトの前身を開設。2008年より本ブログへ移行。FacebookページYouTubeチャンネルも開設し、現在に至りました。
 業界内でも知名度も上がり、近年は独自のコンサート企画やコラボ、日本とのコーディネートにも関わるようになりました。最近では、歌手から日本行きや仕事の紹介を頼まれることもあります。
 歌手を呼びたい。コンサートへ行きたい。など、お気軽にお問い合わせください。少しでも、一人でもタイのルークトゥンが広まり、ファンが増えることが本サイト最大の目的です。


そむちゃい吉田の著書
なお、出版社解散につき、増刷はありません。現在出回っているものがなくなり次第絶版です。涙






==こちらにも寄稿中==




↓こちらもよろしく↓

BLOG Ranking

当ブログが参加している
ランキング
記事を気に入っていただけたら
ポチッとお願いします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。