スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポート】サヤームダーラー アワード2012

去る6月21日、バンコクCDC(Crystal Design Center)に於いて、タイ芸能紙ダーラーデイリー主催による「サヤームダーラーデイリーアワード2012」が開催され、テレビや音楽界の最前線で活躍するスターたちが一堂に会しました。
お馴染みTommyさんからタカテン、パオが出るとの誘いまでは、他の予定があればそっちを優先することも考えていたのですが、スティダー・イムの親父さんから直電を受けてしまい、行かないわけにはいかなくなってしまいました。
さて、現場に向ったものの一般人は事前に登録がないと入場できないとの報告を受け、一考を案じて会場入りしました。


ラムイントラにある会場に着いた私たちは、まず会場入りするスターをエントランスで出迎え。レッドカーペットではなかったのですが、個々が放つオーラはそれと知らない者にも強烈に伝わって来ます。

もっとも、お目当てのルークトゥン歌手以外は興味よりも知識がないわたしとTommy氏。
単なる綺麗なお姉さんとかっこいい男という程度にしか見えません。
しかし、この人は別格。きょうの最大目標はこの人とのツーショット!

会場入りも数名のガードマンにガッチリと四方を囲まれて早足で駆け抜けて行きました。
下のショットは報道向けに行われたもの。



プムプアン亡き後、ただ一人全てのタイ人に愛される大スターです
バード トンチャイ・メーキンタイ
これだけでも、嫁の家族や近所のタイ人にしばらく自慢できます。^-^;


と、ここから会場に入るにはどうしたものか。一般人受付もあるものの登録したプリントを持ってないと受け付けてもくれない。そこで、一応自称とはいえ日本人フリーライター&ルークトゥンライターという名刺を見せたところ、あっさりと「じゃ、ここに署名して」と。。。これにはいささか拍子抜けしましたが、続いてTommyさんとドライバー役のKOM氏もカメラマンと助手というと、「ホントはダメなのよ~」と言いながらも入場証(とは言っても手首に巻く色紙)をあっさり渡してくれました。この辺の大らかさはさすがにタイならでは。日本ではこうは行か無いでしょうね。


なお、本レポートはTommy氏のブログ「タイにはまる~バンコク徒然草」でもすでにアップされてますので、あわせてご覧下さい.



続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

プムプアン追悼コンサート【フォトレポート】その2

本ブログを開設当時から、見て下さっている方ならご承知かと思いますが、一昨年前までは日本に出稼ぎに行っていたので、コンサートを見る機会はほとんど、いや全く無かったのですが、こうしてバンコクに再び落ち着いたからには時間(少し問題)とお金(大きな問題)の許す限り見に行こうと思ってはいるのです。

というわけで、13日に続いて15日にバンコクはエカマイにあるワット・パーシー(税金寺という意味)に行って来ました。ここでもプムプアンの生まれ故郷と同様に毎年彼女の追悼コンサートが開かれています。誰が来るのかは直前にならないとわからないのですが、今年は13日にリウ・アチャリヤーが来たとか。
さて、15日は最終日に当たったわけですがこの3日間を通して出演、ほぼ主役的なのがプムプアンの息子、ペット・ソラポット。グランミーから一枚だけアルバムを出していますが、歌手としての活動はこうした追悼イベント以外に聞いたことはありません。



エカマイ通りセンセーブ運河沿いにあるワット・パーシー
この期間中は綺麗にライトアップ
高級住宅地の近くにある分、さぞかしお布施もさくさん?






このお寺にもプムプアン廟がありました
どうしてここに?
その由来については、またの機会に調べてみます


続きを読む

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

プムプアン20周忌追悼コンサート【フォトレポート】

プムプアンが歌聖となって今年で20年。
区切りの年に初めて彼女が祀られているスパンブリーのお寺に行って来ました。
以下はそのフォトレポートです。




コンサート会場は通称プムプアン寺ことワット・タプクラダーン
バンコクから車で約2時間半
この時はトミーさんの運転で、途中道を通り過ぎたりして3時間ほどかかりました。
しっかりナビできずにスマンこってす。。。


毎年13日から数日間行われる恒例行事になってます
今年は17日までの5日間

 

続きを読む

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

【G-Diary連載コラム】タイの極楽音楽ルークトゥンを知る!7月号連動企画


【G-Diary7月号コラム】
  タイの極楽音楽 ルークトゥンを知る!

 プムプアン・ドゥアンチャン
ルークトゥンの女王として、今もなお愛され続けている彼女は1992年6月13日にそれまで患っていた肝硬変によりこの世を去りました。

 わたしがタイを初めて訪れたのは、奇しくもそのひと月前。単なる偶然とも言えることですが、わたしは敢えてそこに縁を感じています。入れ違いという感じで、残念な事に生の彼女を見る事は出来ませんでしたが、彼女の残した遺産はこの国の人々の中に、死後20年を経てなおも脈々と生き続けています。その遺産とは、今も絶えずデビューして来る新人歌手たちでもあります。


時間の都合により、この続きは来週アップさせていただきます。
20年目の追悼コンサートにして、個人的には初めて訪れたプムプアンの眠るワット・タプクラダーン(下写真)と、そのコンサートの模様などをお届けする予定ですので、お楽しみに♪





豪華なのか、渋いのか?
見て来た13日に限っては豪華といってもいいでしょう。


【プムプアン関連ページ】
歌手紹介 プムプアン・ドゥアンチャン
【ルークトゥン名曲選】ソムタム
【ルークトゥン名曲選】ナクローン・バーンノーク
【ルークトゥン名曲選】サヤーム・ムアン・イム
【ルークトゥン名曲選】コー・ハイ・ルアイ
<NEWS>プムプアンの息子と夫




テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

プムプアン20周忌




ルークトゥンの女王、プムプアン・ドゥアンチャンが歌聖となって、20年。
今年もタイ全土アチコチで追悼イベントが行われます。
わたしも初めてスパンブリーのプムプアン寺に行って来ます。

本ブログ読者の皆様には、特に以下の音源をアップします。
まだ歌手の名前は明かせませんが、歌っているのはプムプアンのデビュー曲「ゲオ・ロー・ピー」
20年と言う月日が経ってもなお、タイ人の心に生きるプムプアン。
その証拠にこの歌を歌っているのは、彼女の死後丸2年経ってから生まれた18才の娘です。

さて、誰だかわかるでしょうか?




正解は後日、追ってお知らせしますので、お楽しみに!

※Tommyさん・・・わかっても答え書いちゃダメよ♪(笑)



ランキング参加してます。
ポチッとよろしく♪
追い越せK-POP!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ      にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ



テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

【名曲選】ソムタム ส้มตำ /プムプアン・ドゥアンチャン พมพวง

【ルークトゥン名曲選】

ส้มตำ / พุ่มพวง ดวงจันทร์

ソムタム(パパイヤサラダ)
プムプアン・ドゥアンチャン


ラーチニー・ルークトゥン(ルークトゥンの女王)
メー・プムプアン(プムプアン母さん)

タイの人々から親しみと敬愛を込めて呼ばれるプムプアン・ドゥアンチャンの代表曲といわれる曲。
シリントーン王女が書いた歌詞とともにプムプアンが初めに歌ったとタイ人でさえも思っていますが、実は、この曲は1973年に同名の映画のために書かれ、初めて歌ったのは「ブッパー・サーイチョン」でした。プンプアンは、1991年7月7日にリリースしたのですが、その年、52歳になったシリントーン王女を祝うステージで歌ったのがリリースのきっかけだったとか。始めに歌われた時から20年近くの年月が、まるでプムプアンが初めてこの曲を下賜されたようにタイ人にも広がったようです。



<シリントーン王女が書かれたソムタムの直筆歌詞>


プムプアンは、この曲がリリースされた翌年1992年6月13日に病の為に亡くなりました。
このため、彼女の最後の代表曲といってもいいでしょう。
今年は彼女の没後20周年。
13日からの数日間、生まれ故郷のスパンブリーはもとより、各地で様々な追悼イベントが開かれます。



【プムプアン関連ページ】

歌手紹介 プムプアン・ドゥアンチャン
【ルークトゥン名曲選】ナクローン・バーンノーク
【ルークトゥン名曲選】サヤーム・ムアン・イム
【ルークトゥン名曲選】コー・ハイ・ルアイ
<NEWS>プムプアンの息子と夫



続きを読む

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

初インタビュー!

<おしらせ>

去る2012年6月10日(日)に札幌のFM NORTHWAVEの番組「サバーイサバーイタイランド」にて、
わたしのインタビューが放送されました。^^v

ルークトゥンとモーラムのことや、プムプアンの事など話してます。
以下のブログにて放送アーカイブが聞けますので、よろしければ。。。


★サバーイサバーイタイランド





テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

プムプアン・ドゥアンチャン พุ่มพวง ดวงจันทร์



~未だ揺るがないルークトゥンの女王~
พุ่มพวง ดวงจันทร์
プムプアン・ドゥアンチャン


  プムプアン・ドゥアンヂャン(1961年8月4日生~1992年6月13日没)ニックネーム「プン」、本名「ラムプン・ヂッハーン」。ルークトゥン歌手に して、ルークトゥンの女王と呼ばれる。文盲にして様々なスタイルの楽曲を歌いこなし、今もなお現在に続く歌手たちの母とも言える存在である。


ชื่อจริง       รำพึง จิตรหาญ
本名:     ラムプン・ヂッハーン
ชื่อเล่น       ผึ้ง
ニックネーム: プン
ฉายา        พุ่มพวง ดวงจันทร์
芸名:     プムプアン・ドゥアンヂャン
ทื่เกิด        เมืองสุพรรณ
出生地:     スパンブリー
วันเกิด       4 สิงหาคม พ.ศ. 2504
誕生日:    1961年8月4日
วันที่เสียชีวิต    13 มิถุนายน พ.ศ. 2535 (อายุ 30 ปี)
死亡日:    1992年6月13日没、享年30歳
แนวเพลง เพลงลูกทุ่ง  ปี พ.ศ. 2519 - 2535
歌手活動:       1976~1992年

続きを読む

テーマ : タイ歌謡曲の歌手
ジャンル : 音楽

Information

Please visit our sponsor's site
==== Japanese No1 Dance wear Brand ====


タイランドハイパーリンク【12人のタイブロガー】に選定されました。


★☆★☆★☆タイに行きタイ★今すぐ予約!☆★☆★☆★

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
Welcome!!
ยินดีต้อนรับ!!
บล็อกนี้แนะนำให้คนญี่ปุ่นเรื่องลูกทุ่งหมอลำตั้งแต่ปี่2546

ルークトゥンタイランドへようこそ
本サイトは2003年から
ルークトゥン・モーラムに
ついて紹介している
日本で最初の専門サイトです。


YouTUBEチャンネル
随時更新中

現場の雰囲気を満喫下さい


Facebookでも
最新情報更新中


いいね!お願いします。
Category
Article
Comment
Search
ブログ内検察はこちらから
Recommend
タイ東北地方には進学を
諦めざる得ない子ども達が
子どもたちがまだいます


当ブログも応援してます♪


ラオスの子ども達にも
等しく学ぶ機会を!



お買物で国際社会貢献
民族衣装・アジア雑貨

タイの歌手へ提唱提供中!
日本のダンスウェア販売
トップサイト



タイ関連No1
ポータルサイト

タイと日本を結ぶポータルサイト
チャンノイ.ネット



Visit Amazing Thailand!
かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

Friends' Link
Loogthung Link
Promoter
 R-SIAM
 GMM GRAMMY
 SURE ENTERTAINMENT

RadioStation

 Luktung Mahanakhon

Artist

 Jonus&Cristy

 歌手のサイトは
 リンク切れ多発のため
 検証中。
Monthly
Reccomend Books
My works
 本サイトは「そむちゃい吉田」が運営管理しています。1999年からタイに在住し、2003年8月よりホームページで本サイトの前身を開設。2008年より本ブログへ移行。FacebookページYouTubeチャンネルも開設し、現在に至りました。
 業界内でも知名度も上がり、近年は独自のコンサート企画やコラボ、日本とのコーディネートにも関わるようになりました。最近では、歌手から日本行きや仕事の紹介を頼まれることもあります。
 歌手を呼びたい。コンサートへ行きたい。など、お気軽にお問い合わせください。少しでも、一人でもタイのルークトゥンが広まり、ファンが増えることが本サイト最大の目的です。


そむちゃい吉田の著書
なお、出版社解散につき、増刷はありません。現在出回っているものがなくなり次第絶版です。涙






==こちらにも寄稿中==




↓こちらもよろしく↓

BLOG Ranking

当ブログが参加している
ランキング
記事を気に入っていただけたら
ポチッとお願いします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。