スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gダイアリー9月号連動コラム:カフェーに行こう!

【Gダイアリー連載】9月号コラム「タイの極楽音楽ルークトゥンを知る」連動

カフェーに行こう!




今回のコラムでは直接ルークトゥンを見て聞くことができるお店をご紹介しました。
いわゆる旅行者の多い中心街から少し離れているのですが、料理とお酒と一緒にまったり過ごすもよし、ノリノリに踊りまくるもよし。




 カフェーとは、タイ独特とも言えるエンターテイメントレストランのこと。 ステージで繰り広げられるショーを見ながら食事する店。これだけなら別にタイに限ったことではありません。独特なのは気に入った歌手を自分たちのテーブル に呼んで一緒に飲み食いできること。タイ人のお金持ちには、目ぼしい娘がいると何度も通ってミヤノイにするべく口説くといいます。また最近は女性も同じよ うに気に入った男性歌手に貢ぐべく常連になっている人も増えています。注意しないといけないのは、オキニが見つかってもすでにタイ人の常連客がいる場合。 張り合ってモノにしようは思わないでいただきたい。我々は所詮外国人。口ではいいことも言ってくれますが、同胞のタイ人には会う密度だけも及ぶべくもあり ません。まして相手がお金持ちだったりすると、日本人には想像もできないくらいのお金持ちがいますので、お金で落とそうなどと安易に考えるとイタイ目に会 うかもしれません。千バーツ札で作った花輪(マーライ)ならぬ札マーライをあげているのを
時々見かけます。ここでは、ひと時の酔いと楽しみに徹することをおすすめします。


【お知らせ】
 コラムに紹介した「イサーンリラー」については、8月上旬に閉店しました。突然のことで誌面の訂正が追いつきませんでしたことをご容赦ください。代わりと言っては何ですが、もっとローカルなお店を最後に紹介します。



続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

【レポート】バイトゥーイ@サラブリー

Gダイアリー8月号でインタビューしたバイトゥーイ。そのこぼれ話しは先日お伝えした通りですが、今回は編集部から送られて来た本を渡すべく去る8月3日に彼女を訪ねて行きました。。。

そこは、個人的には嫁の実家もあり、非常に慣れ親しんだサラブリー県。バンコクから北へ約150km。北部へ向う道と東北へ向う道が分かれる街がサラブリーです。

ちょうどここを訪れる他の用事もあり、久しぶりに田舎でのコンサートを見ることにしました。
コンサートが行われるのは、県内随一のお寺。「ワット・プラプタバート」と舌を噛みそうな名前のお寺。
ここには仏足跡と呼ばれる仏様の足をかたどった石が祀られていて、近隣からだけではなくタイ国中から参拝があります。
サラブリー県には、他にもう一カ所そびえたつ岩山の頂にお寺のある「ワット・プラプタチャーイ」というこちらも舌を噛みそうなお寺があります。しかし他に主な観光名所があまりないので、ほとんどの人は単なる通過点にしか過ぎないようです。


参道入口



本堂への長い階段



よく見えませんが、中に足あとの形に見える岩があるんです
(だからなに?っていうツッコミはしないでくださいね)
一応、真面目な仏教徒タイ人は手を合わせて行く所なので


わたし自身このお寺には2回目。前に来たのは10年くらい前のことなので、ほとんど記憶がない。それでも名前と大体の場所はわかっていたので見に来ようとも思ったわけなのですが。。。
会場には夜8時ころに到着。寺祭りかと思ったら、隣りの市場で開かれていた。境内にも屋台が並んでいたものの、メイン会場は市場らしい。




続きを読む

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

ฮิโรชิมา / คาราวาน :ヒロシマ / カラワン

【名曲選:プアチーウィット】


ฮิโรชิมา
ヒロシマ

คาราวาน/ カラワン

1945年広島と長崎に投下された原子爆弾が太平洋戦争の終結を早めた。アメリカはそう自らを正当化し続けて来た。それは半世紀以上経った今現在も基本的には変わっていない。しかし、アメリカはいつも同じことを世界中で繰り返しては言い繕いながら正当化して続けて来ている。どれほどの言葉を並べ立てようとも、無差別に人を殺したことに代わりはありません。
 かつて、アメリカのヘビメタバンドが同じヒロシマと原爆を題材にした曲を演奏していました。しかし、本曲とは全く逆の立場で。その歌詞の結びで歌われていたのは「悲惨な戦争を終わらせてくれた。神様、原子爆弾をありがとう。」とあったのです。今思い返すと赤面の至りです。ライブでは自分も含めて日本人がその曲に拳を突き上げてノッていたのですから。こんな本音を持つアメリカが日本や他の国を守ってくれるのでしょうか。アメリカは自らの利益の為にしか戦わない。そして、昔も今も他国の人の命に微塵も敬意と尊厳を持っていない。広島、長崎、ベトナム、ラオス、イラク、アフガニスタン。。。彼の地でのアメリカの所行には、まさに人の命を市場の野菜か魚程度にしか考えていないとしか思えません。

原爆投下から67年。さらに昨年日本が自ら招いた原発事故。
アメリカだけのせいにできる時間を日本は自ら放棄して、今度は日本政府自身が日本国民の命を同じように扱い始めています。自らが投票で選んだ政府とはいえ、あまりの傍若無人ぶり。このまま放置すれば、やがて野菜や魚が腐っていくように、日本と言う国自体もやがて腐って、酷い腐臭を放ちながら朽ち果てていくことになりかねません。わが母国、日本と日本に暮らす友人たちとその子どもたちの未来に幸多からん事を願い本頁を贈ります。

2012,Aug,08
そむちゃい吉田

続きを読む

テーマ : タイ:プアチーウィット
ジャンル : 音楽

ใบเตย อาร์สยาม:バイトゥーイ

【ルークトゥン歌手紹介】

ใบเตย

バイトゥーイ


ประวัต์ プロフィール

ชื่อจริง:สุธีวัน ทวีสิน
本名:スティワン・タウィシン
วันเกิด:24 มีนา
誕生日:3月24日
ที่เกิด:กรุงเทพมหานคร
出身地:バンコク
สูง
身長:168cm
น้ำหนัก
体重:43kg
กรุ๊ปเลือด:O
血液型:O型
อดิเรก:chat,ดูหนัง,เต้น,ดูทีวี
趣味:チャット、映画鑑賞、テレビ、ダンス
สีปโรด:ชมพู,ขาว,ดำ
好きな色:ピンク、白、黒
กิฬาปโรด:ว่ายนำ้,แบดมินตัน
スポーツ:水泳、バトミントン
ความผันในวัยเด็ก:แอร์โฮสเตส์
小さな頃なりたかった職業:キャビンアテンダント


 Gダイアリー8月号にて掲載された独占インタビューの連動企画として、バイトゥーイの紹介をしましょう。デビューアルバムのレビューとインタビュー時の写真をお届けます。


    



続きを読む

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

Information

Please visit our sponsor's site
==== Japanese No1 Dance wear Brand ====


タイランドハイパーリンク【12人のタイブロガー】に選定されました。


★☆★☆★☆タイに行きタイ★今すぐ予約!☆★☆★☆★

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
Welcome!!
ยินดีต้อนรับ!!
บล็อกนี้แนะนำให้คนญี่ปุ่นเรื่องลูกทุ่งหมอลำตั้งแต่ปี่2546

ルークトゥンタイランドへようこそ
本サイトは2003年から
ルークトゥン・モーラムに
ついて紹介している
日本で最初の専門サイトです。


YouTUBEチャンネル
随時更新中

現場の雰囲気を満喫下さい


Facebookでも
最新情報更新中


いいね!お願いします。
Category
Article
Comment
Search
ブログ内検察はこちらから
Recommend
タイ東北地方には進学を
諦めざる得ない子ども達が
子どもたちがまだいます


当ブログも応援してます♪


ラオスの子ども達にも
等しく学ぶ機会を!



お買物で国際社会貢献
民族衣装・アジア雑貨

タイの歌手へ提唱提供中!
日本のダンスウェア販売
トップサイト



タイ関連No1
ポータルサイト

タイと日本を結ぶポータルサイト
チャンノイ.ネット



Visit Amazing Thailand!
かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

Friends' Link
Loogthung Link
Promoter
 R-SIAM
 GMM GRAMMY
 SURE ENTERTAINMENT

RadioStation

 Luktung Mahanakhon

Artist

 Jonus&Cristy

 歌手のサイトは
 リンク切れ多発のため
 検証中。
Monthly
Reccomend Books
My works
 本サイトは「そむちゃい吉田」が運営管理しています。1999年からタイに在住し、2003年8月よりホームページで本サイトの前身を開設。2008年より本ブログへ移行。FacebookページYouTubeチャンネルも開設し、現在に至りました。
 業界内でも知名度も上がり、近年は独自のコンサート企画やコラボ、日本とのコーディネートにも関わるようになりました。最近では、歌手から日本行きや仕事の紹介を頼まれることもあります。
 歌手を呼びたい。コンサートへ行きたい。など、お気軽にお問い合わせください。少しでも、一人でもタイのルークトゥンが広まり、ファンが増えることが本サイト最大の目的です。


そむちゃい吉田の著書
なお、出版社解散につき、増刷はありません。現在出回っているものがなくなり次第絶版です。涙






==こちらにも寄稿中==




↓こちらもよろしく↓

BLOG Ranking

当ブログが参加している
ランキング
記事を気に入っていただけたら
ポチッとお願いします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。