スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーラムがワールドミュージックになれないわけ

インド音楽、トルコ音楽、インドネシアのダンドゥッドなどなど、アジアの様々な音楽がワールドミュージック、またはエキゾ音楽として取り上げられ、紹介され るようになって久しい。
だが、残念なことにタイの音楽(ポップスやルークトゥン・モーラム全て)が、これらの紹介記事に取り上げられることは皆無と言っていい。コレは一体どうしてなのか?
タイの音楽を愛し、広く知ってもらいたい身としては以前からずっと疑問に思って来た。


先日、この疑問が少しだけわかることがあった。

長唄を奏じた経験を持つ友人との酒の席ではあったが、わたしが
「長唄はわからないけど、津軽三味線には興味がある。」というと
「津軽三味線のほうが簡単だから。」と言いきったのだ。


あの超絶テクを簡単と言い切るとは、どうしてと聞くと、誰でもある程度、3ヶ月くらい練習すればリズムとノリで引けるようになるけど、長唄は何十年やって もコレで善しというという域に達しない。それは、例えればブルースを歌うときに歌い込めば歌い込むほどに、味が出て来るのに似ているが、もっと奥が深い し、決して単純なビートやリズムには乗っていないのだという。

そこで思い当たったのが、タイのモーラムだ。




 ワールドミュージックとして紹介され、取り上げられているのは、はっきりしたリズムとビートに裏打ちされたものが中心なのは、気がついていた。対して、モーラムはリズムこそあるのだが、ビートという点では弱いのだ。簡単に言えば、明らかにタテノリではない。横に斜めにうねるような、弾むようなリズムがあるだけで、ビートはないのだ。そして、モーラムを歌うにはかなりの修養を要する。だからこそ、吟じる(ラム)師範(モー)と呼ばれる。そういえば、かつてリンゴ追分がタイ語にカバーされて流行った事もあった。タイの音楽に、こういう無拍なものがしっくり来るのはそういうわけなのかもしれない。


わたしはモーラムはもっと世界的に知名度が上がって然るべき音楽だと思っているのだが、今ひとつ決定打を持てなかったのは、こういうコトなのかもしれない。何種類もの太鼓や打楽器でビートを打ち鳴らすサンバやダンドゥッドなどと比べてしまうと印象は弱くなってしまうのだろう。


そして、モーラムの持っているもう一つの大きな特徴。
歌詞だ。
ブルースがアフリカ系民族の魂の叫びであり、嘆きであったようにモーラムには、タイ・ラオ民族の詩が欠かせない。歴史上の苦悩や日々の暮らしの嘆きをリズムに乗せて、陽気に踊って溜まったストレスを発散させるのが今のモーラム。これを世界的に紹介するには、言葉を切り離さなくてはならない。リズムだけでモーラム足り得るのか?それとも、かつてサンバからボサノバが生まれたように、これから新しいものが生まれて来るのを待つしか無いのか?

いずれにしてもこれらのことは、当事者であるタイ人、ラオス人では恐らく気がつかないだろうし、その価値さえも卑下されてしまっている現状では尚更だ。


数少ない伝統的なモーラム歌手 チャウィワン・カムヌン女史


ヤソートンで行われたロケット花火祭りでの公演。
ほとんどアドリブで当日の祭りについて歌って(吟じて)いる。

イサーンに住む老人の中には、これを簡単にやってのける人がまだかろうじているのだが、遠くない将来消えて行ってしまうのかも知れない。
このチャウィワン女史は、保存継承のために大学で講義もしている。
一度でいいから、その講義を受けたいと思っているのだが・・・



こちらはちゃんとレコーディングされた(と思われる)貴重な音源。




チャウィワン女史のこれらに比べると今流通しているモーラムは、すでに別のジャンルと言っていいほどに変化してしまっているのがわかる。その意味で、新しい胎動はずっと以前から起きているのかもしれない。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : タイの歌謡曲:モーラム
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

即興詩吟

おはようございます。起きてますか?(笑)
私は必ずしもワールドミュージックにならなくても良いと思うのですが、伝統的なモーラムがなくなってしまうことは残念です。しかし、人(世代)が変われば音楽(の趣向)も変わるのだから仕方がないのでしょうか。
こうして改めて聴いてみると「即興の詩吟」というべき感じですね。

Information

Please visit our sponsor's site
==== Japanese No1 Dance wear Brand ====


タイランドハイパーリンク【12人のタイブロガー】に選定されました。


★☆★☆★☆タイに行きタイ★今すぐ予約!☆★☆★☆★

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
Welcome!!
ยินดีต้อนรับ!!
บล็อกนี้แนะนำให้คนญี่ปุ่นเรื่องลูกทุ่งหมอลำตั้งแต่ปี่2546

ルークトゥンタイランドへようこそ
本サイトは2003年から
ルークトゥン・モーラムに
ついて紹介している
日本で最初の専門サイトです。


YouTUBEチャンネル
随時更新中

現場の雰囲気を満喫下さい


Facebookでも
最新情報更新中


いいね!お願いします。
Category
Article
Comment
Search
ブログ内検察はこちらから
Recommend
タイ東北地方には進学を
諦めざる得ない子ども達が
子どもたちがまだいます


当ブログも応援してます♪


ラオスの子ども達にも
等しく学ぶ機会を!



お買物で国際社会貢献
民族衣装・アジア雑貨

タイの歌手へ提唱提供中!
日本のダンスウェア販売
トップサイト



タイ関連No1
ポータルサイト

タイと日本を結ぶポータルサイト
チャンノイ.ネット



Visit Amazing Thailand!
かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

Friends' Link
Loogthung Link
Promoter
 R-SIAM
 GMM GRAMMY
 SURE ENTERTAINMENT

RadioStation

 Luktung Mahanakhon

Artist

 Jonus&Cristy

 歌手のサイトは
 リンク切れ多発のため
 検証中。
Monthly
Reccomend Books
My works
 本サイトは「そむちゃい吉田」が運営管理しています。1999年からタイに在住し、2003年8月よりホームページで本サイトの前身を開設。2008年より本ブログへ移行。FacebookページYouTubeチャンネルも開設し、現在に至りました。
 業界内でも知名度も上がり、近年は独自のコンサート企画やコラボ、日本とのコーディネートにも関わるようになりました。最近では、歌手から日本行きや仕事の紹介を頼まれることもあります。
 歌手を呼びたい。コンサートへ行きたい。など、お気軽にお問い合わせください。少しでも、一人でもタイのルークトゥンが広まり、ファンが増えることが本サイト最大の目的です。


そむちゃい吉田の著書
なお、出版社解散につき、増刷はありません。現在出回っているものがなくなり次第絶版です。涙






==こちらにも寄稿中==




↓こちらもよろしく↓

BLOG Ranking

当ブログが参加している
ランキング
記事を気に入っていただけたら
ポチッとお願いします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。