スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめDVD:1 ヌーヒン バンコクへ行く

おすすめルークトゥン系タイ式映画(DVD)♪

 ヌーヒン、奇跡のDVD化!?

「シチズン・ドッグ」×「ヌーヒン バンコクへ行く」「シチズン・ドッグ」×ヌーヒン バンコクへ行く
原題:หมานคร(マー・ナコン)x
   หนูหิ่น เดอะ มูฟวี่(ヌーヒン・ザ・ムービー)
 (2010/01/01発売)

マハーサムット・ブンヤラックセーントーン・ゲートウートーン

  商品詳細を見る


 すでに一昨年(2008年)になるが、六本木ヒルズで開催されたタイ映画祭で「さりげなく」公開された作品。それが「ヌーヒン バンコクへ行く」(原題:ヌーヒン・ザ・ムービー)だ。その当時から正式公開かDVD化を待ち望んでいたのだが、何しろこの映画はタイの田舎者、まさしくルークトゥンをメインに扱っているのだから、それが実現するとも思ってはいなかった。タタヤンやアイス、ネコジャンプの活躍で、やっと少しだけタイポップの知名度は上がりつつあるが、ルークトゥンの認知度たるや推して知るべし。。。である。






ヌーヒン バンコクへ行く 原題:หนูหิ่น เดอะ มูฟวี่(ヌーヒン・ザ・ムービー)



オリジナル版ジャケット



(オープニング)
หนูหิ่น เดอะ มูฟวี่

 タイ東北部イサーン地方の片田舎から両親のためとバンコクに出稼ぎに来た主人公ヌーヒン。何をやってもどこか抜けていて迷惑をかけてしまう。周囲はそんなヌーヒンに振り回されながらもどこか憎めない。ち なみに主人公が話しているのは、イサーン語なのでタイで公開された際にはタイ語の字幕が付いていた。それほどに他のタイ人にはイサーン語を解さない人も多 いのだが、劇中では雇い主はちゃんとイサーン語を理解している。これはメイド=イサーン人ということ背景があるからだ。




 原作は、タイのちびまる子ちゃんと比喩されて来た人気コミック。公開当時、主演女優は大人気で連日テレビやラジオの出演に引っ張りだこだった。

 そして、この映画の中で主人公が好んで歌っているのは、紛れも無いルークトゥン♪ だが歌っているのは演じている本人ではなく、
ジャネット・キヨウ。彼女のステージでは今もこの時の歌を聞くことが出来る。とはいえ、この女優さん本人もかなり歌はうまい。



プーチャッカン・バーン
ผู้จัดการบ้าน




シチズンドッグ 原題:หมานคร(マー・ナコン:犬の街)


オリジナル版ジャケット

 ヌーヒンもそうなのだが、このDVDにカップリングされているもう一つの作品「シチズンドッグ」 もタイ語でしか見ていない。その為、細かな会話の内容までは覚えていない。ドタバタ喜劇のヌーヒンとは正反対と言ってもいいくらいに静寂に包まれた映画 だ。祖母に溺愛されて育った青年ポンには将来の夢が無かった。祖母が死に、田舎からバンコクに出て来た彼はがひとりの不思議な少女に出会い、その不思議さに翻弄されて行く。そんな時に、彼はトカゲに転生した祖母に気づく・・・。原題マー・ナコンはバンコクのタイ名「クルンテープ・マハーナコン」を文字って揶揄したもの。田舎に比べて、大都会バンコクは異常で妙な世界だった。違和感を感じつつも飲み込まれて行く青年が見た異様な街を「犬の街」と評したのだろう。

 映画は、独特の色彩と静寂の中で淡々と描かれているのだが、結局何を言いたいのかはよくわからなかったということだけ覚えているという不思議な映画。きっとタイ人にしかわからない何かがあるのだろう。そう思って奥サンに聞いてみたのだが、「あたしもよくわからないわよ」と答えたあとで何でこんな変なモノ買って来たんだと怒られてしまったことを思い出した。


シチズンドッグ予告編


※この作品は特にルークトゥンとは関係ないのだが、カップリングされていたのとたまたま見たことがあったので、ついでにレビューしてみた次第。


テーマ : DVDレビュー
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★「ヌーヒン バンコクへ行く」・・・音楽も楽しい、ハチャメチャ・コメディー

【File#29】 "Noohin The Movie(邦題:ヌーヒン バンコクへ行く)"「ヌーヒン バンコクへ行く」はタイで大人気の漫画を映画化した作品です。日本では「タイのちびまる子ちゃん」なんて例...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

♪白田麻子さん♪

できるだけ多くの作品を見てもらうには、妙案でしたね。>カップリング
タイトル、ご指摘の通りですね。
わたしはVCDでボーっと見ていた記憶を頼りにレビューを書いたので、
イメージから導いてしまいました。
なんとなく、しっくり来たというか・・・

でも、タイのこういう奇妙な映画は面白いですね。
考えさせられてるようで、結論が見つからない。
或は突然、ブチっと情け容赦のない現実を突きつけられる。
世界的に見ても遜色のないレベルの映画は少なくないですし。
今後もドンドン出して欲しいシリーズです。

でも、タイ語でのギャグは翻訳が難しいのでしょうね。

都会の犬

 こんにちは。トラックバックありがとうございます。まったく違うタイプの映画2本を1本のDVDにまとめるというのは、ちょっと強引な気もしますが、でもタイ映画を手軽に見てもらうにはいい案ですよね。

 「シチズンドッグ」 =「マー・ナコン」ですが、英語とタイ語から判断して、「都会の犬」という意味だと思います。

 この話は、小説を映画化したものです。私の好きなタイ映画のラブストーリー、トップ3に入ってます。

 いつかDVDレビューしたら、TBさせてくださいね。

No title

むむ?!
「อีส้มสมหวัง」の2作目が「อีส้มสมหวัง チャチャチャ」ですよ~。
タカテンがカワイイんです。

♪Tommyさん♪

そんな映画があるんですか?
ぜひ見てみたいですねぇ。。。
VCDとかになってないのでしょうか?

チャチャチャ

タイトルは、チャチャチャだと思いますが、
パイ・ポンサトンとタカテーン・チョラダーが本人役が出ている映画をチェンマイ行きバスの中で見ました。

結構面白かったですよ。

♪hanaさん♪

> 次回作はぜひ「อีส้มสมหวัง」シリーズをやって欲しいですね。

そむわ~ん・な・くら~っぷ♪

他にもルークトゥン歌手が出ている映画はいくつもありますからね。
わたし的には、アパポンのサラパオ・シスターズとか・・・って、
日本未公開作品より、その前にわすれな歌とか、風の前奏曲とか、
外してはいけない作品を紹介しなきゃ。。。
(他のサイトで充分に紹介されてるけど、ルークトゥン的な紹介もありますんで。)

この調子でぜひ!

ルークトゥン映画、数多くありますが
もしヌーヒンが日本で大うけとかしたら
次回作はぜひ「อีส้มสมหวัง」シリーズをやって欲しいですね。

Information

Please visit our sponsor's site
==== Japanese No1 Dance wear Brand ====


タイランドハイパーリンク【12人のタイブロガー】に選定されました。


★☆★☆★☆タイに行きタイ★今すぐ予約!☆★☆★☆★

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
Welcome!!
ยินดีต้อนรับ!!
บล็อกนี้แนะนำให้คนญี่ปุ่นเรื่องลูกทุ่งหมอลำตั้งแต่ปี่2546

ルークトゥンタイランドへようこそ
本サイトは2003年から
ルークトゥン・モーラムに
ついて紹介している
日本で最初の専門サイトです。


YouTUBEチャンネル
随時更新中

現場の雰囲気を満喫下さい


Facebookでも
最新情報更新中


いいね!お願いします。
Category
Article
Comment
Search
ブログ内検察はこちらから
Recommend
タイ東北地方には進学を
諦めざる得ない子ども達が
子どもたちがまだいます


当ブログも応援してます♪


ラオスの子ども達にも
等しく学ぶ機会を!



お買物で国際社会貢献
民族衣装・アジア雑貨

タイの歌手へ提唱提供中!
日本のダンスウェア販売
トップサイト



タイ関連No1
ポータルサイト

タイと日本を結ぶポータルサイト
チャンノイ.ネット



Visit Amazing Thailand!
かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

Friends' Link
Loogthung Link
Promoter
 R-SIAM
 GMM GRAMMY
 SURE ENTERTAINMENT

RadioStation

 Luktung Mahanakhon

Artist

 Jonus&Cristy

 歌手のサイトは
 リンク切れ多発のため
 検証中。
Monthly
Reccomend Books
My works
 本サイトは「そむちゃい吉田」が運営管理しています。1999年からタイに在住し、2003年8月よりホームページで本サイトの前身を開設。2008年より本ブログへ移行。FacebookページYouTubeチャンネルも開設し、現在に至りました。
 業界内でも知名度も上がり、近年は独自のコンサート企画やコラボ、日本とのコーディネートにも関わるようになりました。最近では、歌手から日本行きや仕事の紹介を頼まれることもあります。
 歌手を呼びたい。コンサートへ行きたい。など、お気軽にお問い合わせください。少しでも、一人でもタイのルークトゥンが広まり、ファンが増えることが本サイト最大の目的です。


そむちゃい吉田の著書
なお、出版社解散につき、増刷はありません。現在出回っているものがなくなり次第絶版です。涙






==こちらにも寄稿中==




↓こちらもよろしく↓

BLOG Ranking

当ブログが参加している
ランキング
記事を気に入っていただけたら
ポチッとお願いします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。