スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテー&ガターイ:ティー カオ カヤオ ダンス ตีเข่าเขย่าแดนซ์

アルバムレビュー

カテー&ガターイ
กระแต&กระต่าย

ティー カオ カヤオ ダンス
ตีเข่าเขย่าแดนซ์


ジャケ写提供:TOMMYさん 

 このアルバムは、カテーが実妹ガターイと一緒にステージでやっていたことをそのままスタジオに持ち込んだ快作だ!

 最近、熱心な読者でもありよくコメントをいただく、Tommyさんから面白い本を見つけたからと資料が送られて来た。その資料をもとにカテーのページを新たに作ってくれという依頼とともに。すでに安定した人気があり、固定ファンも多いであろう、カテーにはなぜかファンサイトがない。それならばと以前作ったままになっていたページを全面的に作り直すことにした。(2010/02/28現在)そして、ディスコグラフィーを作っている中で、本作を調べるうちに中々興味深い作品だということがわかった。





スペシャルアルバム ティー カオ カヤオ ダンス / カテー&ガターイ

 อัลบั้มพิเศษ ตีเข่าเขย่าแดนซ์ / กระแต&กระต่าย
Release date : 27 January 2010

曲目                   ※タイ語タイトル及び歌手名は、YouTubeにリンク
1อย่างนี้ต้องตีเข่าヤン二ー トン ティー カオ~そんな彼なら殴っちゃえば~
 オリジナルトム・ダンディー カバー:[ピムC4] 
   
2สาวรำวงサーオ ラムウォン~輪踊りの娘~
 オリジナルオーイ・ガトーン カバー:[ターイ・オラタイ] [JAMP]
   
3พกเมียมาด้วยเหรอポック ミア マー ドゥアイ ロ~奥サン連れなの?~
 オリジナルユイ・ヤートュ カバー:[ピムC4]
   
4รักเรือล่มラック ルー ロム~愛か死か~
 
オリジナル
:Unknown 
    
5มารักทำไมตอนนี้マー ラック タンマイ トンニー~どうして今なの~
 
オリジナル
?:ウィット・ハイパー  /  Am Fine
   
6ไม่อยากเป็นแปรงสัฟันマイ ヤークペン プレン シーファン~歯ブラシにはなりたくない~
 
オリジナル
パナマー 
    
7ว่างแล้วช่วยโทรกลับワーン レオ チュアイ トー クラッブ~空いたら折り返してね~
 
オリジナル
LYDIA 
    
8ตบมือข้างเดียวトッブムー カン ディオゥ~ひとつだけの拍手~
 
オリジナル
パーン・タナポン カバー:カラバオ
   
9เด็กปั๊มデック パム~スタンドの子~
 
オリジナル
ブンタロン・プラパトン  カバー:[ピー・サドゥ] [ピムC4]
   
10ชอบมั้ยチョープ マイ
~好き?~
 
オリジナル
アパポン・ナコンサワン カバー:[7サーオサバッショー] [ピムC4] [パメラー] 
 



♪レビュー♪

 上記の曲目リストを見てお気づきだろう。本作は、カバーアルバムなのだ。スペシャルアルバムと銘打ったのはその為でもある。ここでカバーされている曲は、古いものから新しめのものまで幅が広い。推測だが、曲はカテーとガターイとがそれぞれ好きな曲、歌いたい曲を選んだものだろう。アレンジがまるっきり違っていたり、原曲に近かったりする。しかし、一貫しているのはどの曲も踊れるような今風にアレンジされていることだ。これだけアップテンポの曲が並ぶと往々にして1、2曲はバラード風な曲を入れるものだが、ダンスが大好きというカテーの意思でもあるのか、最初から最後まで一気に踊りまくっている。

 新旧入り乱れてのカバー曲集ともいえる本作は、この1枚だけ聴けばかなり幅広いルークトゥンが聴けることになる。トム・ダンディー、ユイ・ヤートュ、そしてブンタロン。私はこのブンタロンという歌手は知らなかったのだが、曲だけは聴いた覚えがある。しかし、多分それは誰かがカバーしたものだろう。というのも、この曲調から察するにこの歌手はルークトゥンの父スラポン・ソンバッチャルーンの時代の歌手だと思われるからだ。スラポンやプムプアンの曲もそうだが、古くても良い曲は多くの歌手がカバーするのもルークトゥンの特徴。カテーも本作に収録した曲を歌って育ったのだろう。
 新しめの曲ではリディアやウィット・ハイパー、そして女性に絶対的な人気を誇るパーン・タナポンなど、同じRSの歌手から選曲されている。致し方ないことではあるが、どうせならタタ・ヤンとかクリスティナーなどのヒット曲を歌うカテーも聴いてみたいものだ。


さて、それぞれのオリジナル歌手と以前にカバーしている歌手について簡単に解説しておこう。

○トム・ダンディー
 歌手であり、俳優でもあった。タイエンターテイメントの黎明期とも言える1970年代ころに活躍。
 ニックネームのトムは、トム・ジョーンズから取ったもの。

○ピムC4
 ダオ・マユリーのバックダンサーを経て、ソニータイランドからデビューした異色の歌手。
 当時大ヒットしていた洋楽をカバーした「ヤンガイ ラ ペー」が大ヒットして、一躍スターダムに上がった。

○オーイ・ガトーン
 元々はプアチウィットバンド「ガトーン」でボーカルを務め、この曲はその代表曲でもある。
 
詳しくはコチラ

○ターイ・オラタイ
 この人についてはもはや説明は不要だろう。詳しくはコチラ

○JAMP
 大学在学中にTeen8GradeAとして男女混成ユニットでデビューした後、女性のみがJAMPとして再スタート。
 ユニット名はメンバーの頭文字(Jennifer, Anna, Michele, Por)から命名された。

○ユイ・ヤートュ
 十代の頃からかのプムプアンに寵愛され、実の娘ではないかとウワサされたこともあるほど、
 容姿も声も似ている。
そのためか、実の息子や妹たちを差し置いて、自身が正当な継承者と自称している。

○ウイット・ハイパー/Am Fine
 この曲はウィットのカバーなのか、Am Fineのものをアレンジしたのか。はたまた別にオリジナル歌手が
 いるのか、よくわからない。Am Fineとはサビの部分は似ているが、他は違うようだ。

○パナマー
 最近ヒットしているメム・パナマーが在籍していたプアチウィットバンド。この曲ではメムは歌っていない。

○LYDIA(リディア)
 歌手活動よりもタクシン元首相との親交についてのほうが有名なのではないだろうか。
 わたしは、その程度しか知らない。

○アパポン・ナコンサワン
 詳しくはコチラ

○ピー・サドゥー
 かつてロックサドゥーというバンドでモーラムシンを演奏し、一世を風靡。
 デビューのきっかけは、カンピーのそっくりさんとしてスカウトされたこと。

○パメラー・ボーデン
 かつて、アイドルとして人気を博していたが、しばらく見ないうちにルークトゥン歌手として再デビュー。
 「ボーデーン サレンチャイ」は大ヒットした。

○7サーオサバッショー
 オーディション番組「アカデミーファンタジア」出身の女性歌手を集めたユニットだが、詳細は不明。


※上記から漏れている歌手については、詳細がわからない。後日、時間があれば調べる予定。




★カテー特集★


カテーの秘密が明らかに?

コチラ



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

♪cac30500さん♪

ようこそ!
それぞれ古い曲ですが、アレンジが変わると印象もかなり違いますよね。
このカテーだけでなく、ルークトゥン歌手のほとんどは相当な実力を持っているので、
様々なジャンルの曲を歌いこなします。
そういう意味でもカバーアルバムは、面白いです。

♪kapirajaさん♪

ルークトゥンは、古い曲でも若い歌手は好んで歌ってますね。
わたしらが古い曲を知るには、こういう機会がないと無理。
まだまだ知らないいい曲がありそうです。

Re: タイムリー

カテーの頁もアップしました。
いかがでしょう、気に入っていただけましたか?

No title

はじめまして。いつも興味深く拝見させて頂いてます。
随分と楽曲が良いアルバムだなあ、と思って聞いていたのですがカバーだったのは驚きでした。もっと大ヒットになっても良さそうです。

結構奥が深いんですね

このアルバム、まだ購入していないのですが、
こうして色々教えてもらうと、結構奥が深いアルバム
なんですね。聴くのが楽しみになってきました。

それと、大きなお世話になってしまいますが、
パーンのオリジナル曲のリンク先になっている映像が
テレビをカメラで撮影したような画像だったので、
新たな映像をアップしておきました
(なんか上下が切れた感じになってしまいましたが)。

http://www.youtube.com/watch?v=jQ75yfs3N-Y

もし、よろしかったら参考にしてみてください。

タイムリー

タイムリーな内容でした。
全曲カバーは知ってましたが、オリジナルを調べようと思ってました。

弟とも会話しました。ガトゥーイ疑惑は、なくなりました。
175以上もある長身の青年。笑うと、カテーそっくり。
画像など、選んでるところで、一両日中におくらせていただきます。

Information

Please visit our sponsor's site
==== Japanese No1 Dance wear Brand ====


タイランドハイパーリンク【12人のタイブロガー】に選定されました。


★☆★☆★☆タイに行きタイ★今すぐ予約!☆★☆★☆★

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
Welcome!!
ยินดีต้อนรับ!!
บล็อกนี้แนะนำให้คนญี่ปุ่นเรื่องลูกทุ่งหมอลำตั้งแต่ปี่2546

ルークトゥンタイランドへようこそ
本サイトは2003年から
ルークトゥン・モーラムに
ついて紹介している
日本で最初の専門サイトです。


YouTUBEチャンネル
随時更新中

現場の雰囲気を満喫下さい


Facebookでも
最新情報更新中


いいね!お願いします。
Category
Article
Comment
Search
ブログ内検察はこちらから
Recommend
タイ東北地方には進学を
諦めざる得ない子ども達が
子どもたちがまだいます


当ブログも応援してます♪


ラオスの子ども達にも
等しく学ぶ機会を!



お買物で国際社会貢献
民族衣装・アジア雑貨

タイの歌手へ提唱提供中!
日本のダンスウェア販売
トップサイト



タイ関連No1
ポータルサイト

タイと日本を結ぶポータルサイト
チャンノイ.ネット



Visit Amazing Thailand!
かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

Friends' Link
Loogthung Link
Promoter
 R-SIAM
 GMM GRAMMY
 SURE ENTERTAINMENT

RadioStation

 Luktung Mahanakhon

Artist

 Jonus&Cristy

 歌手のサイトは
 リンク切れ多発のため
 検証中。
Monthly
Reccomend Books
My works
 本サイトは「そむちゃい吉田」が運営管理しています。1999年からタイに在住し、2003年8月よりホームページで本サイトの前身を開設。2008年より本ブログへ移行。FacebookページYouTubeチャンネルも開設し、現在に至りました。
 業界内でも知名度も上がり、近年は独自のコンサート企画やコラボ、日本とのコーディネートにも関わるようになりました。最近では、歌手から日本行きや仕事の紹介を頼まれることもあります。
 歌手を呼びたい。コンサートへ行きたい。など、お気軽にお問い合わせください。少しでも、一人でもタイのルークトゥンが広まり、ファンが増えることが本サイト最大の目的です。


そむちゃい吉田の著書
なお、出版社解散につき、増刷はありません。現在出回っているものがなくなり次第絶版です。涙






==こちらにも寄稿中==




↓こちらもよろしく↓

BLOG Ranking

当ブログが参加している
ランキング
記事を気に入っていただけたら
ポチッとお願いします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。