スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アルバムレビュー】サッパロット สับปะรด リウ・アチャリヤー หลิว อาจารียา

サッパロット
สับปะรด



リウ・アチャリヤー・プロンプルク
หลิว อาจารียา พรหนพฤกช์


 タイ語のサイトでもまだまだブッサバーとして記載されているアチャリヤーだが、前作からはリウ・アチャリヤー・プロンプルクになっている。とはいえ、あまりこだわってもいないのだろうが、少女から大人の女性へと成長著しい彼女からは、ブッサバーダンサーの面影は薄れつつある。という見た目とはうらはらにこの新作は、以前からのリウらしさ満点。だが、けっこう突っ込みどころも多い快作と言える。


 関連ページ:リウ・アチャリヤーのページ



アルバムの宣伝ではブッサバーダンサーの文字が・・・

 


1:モワニム ~妄想~
  このランランラララ・・・というサビは! ピンと来た人も多いでしょう。
  丸っきり
チャイナドールのオ、オ、オ
だ。

มั่วนิ่ม モワニム

ちょっと調べてみると同名の曲があったので。


http://radio.sanook.com/imgs/bg-embad.gif") repeat-x scroll center top rgb(59, 47, 79);">
S! Radio
http://radio.sanook.com/imgs/bg-detail.gif") repeat-x scroll 0% 0% rgb(61, 50, 83); height: 92px;">
สาวแผงลอย
เพลง มั่วนิ่ม
ศิลปิน ดาว มยุรี
อัลบั้ม สาวแผงลอย
http://radio.sanook.com/imgs/bg-bar-bottom.gif") repeat-x scroll 0% 0% rgb(98, 98, 156);" colspan="2">ดูเนื้อเพลงคัดลอกโค้ดเพลงนี้

ダーオ・マユリーにも同名の曲がありました。



มั่วนิ่ม / หิน เหล็ก ไฟ
こちらはヒンレックファイの同名異曲。でもハードロックです。



2:サッパロット ~パイナップル~
  歌詞には「パイナップルになれない男はいらない。」というのが出てくるところを見ると
  何かの例えだと思うのですが?

สับปะรด サッパロット


3:オック ハク ゴ テン ダイ ~失恋しても踊れるの~
  歌い出しにでてくる「オークマーテン」というフレーズを聴けば、
  多くのタイ人はティックシローの大ヒット曲を思い出すはずだ。
  作者はそれも承知で書いたのだろうが、このように同じコンセプトの曲
  (いいとこ取りとも言う?)はルークトゥンでは昔からよくある事だ.

อกหักก็เต้นได้ オック ハク ゴ テン ダイ


4:スッターン ラック ~愛の最後~
  ルークトゥンというより、普通にポップスのバラードですね。
  しかも、1990年代頃の雰囲気が漂っている感じがします。

สุดทางรัก スッターン ラック


5:ニサイマイディー ~性格わるっ~
  こういう事は言われたくないっすねぇ。。。

นิสัยไม่ดี ニサイ マイ ディー


6:エーブ ハック ピー ヂャーイ ~秘めた想い~
  ほぼ全編を北部方言で歌っている。
  ラオス語にも似ているが、どちらも元々はラオスから来た言葉だが、
  このチェンマイ(北部)方言は、タイでは美しい言葉といわれている。


แอบฮักปี้จาย エーブ ハック ピー ヂャーイ


7:カター パッチャイ ~心を開かせる魔法~
  このタイトルからして、あのシンメチョーダイの続編的な曲。
  カターは、魔術とか魔法いう意味なので、心を開かせる魔法ということ。
  ちなみにシンメチョーダイの原題は「カターコーチャイ」は、
  心を奪う魔法といったところ。

คาถาเปิดใจ カター パッチャイ


8:ルーム ノーン レオ ガー ~忘れちゃったの~
 
 これも北部方言で歌われている。ノーンは年下の弟や妹に使う呼称だが、
  ルークトゥンでは主に女性が自分の事をいうときに使われる。
  対する男性は年上への敬称でもあるピー。

ลืมน้องแล้วกา ルーム ノーン レオ ガー


10:フアチャイ ミー ンガーン カオ ~心が動いてる~
   なぜか前作のタイトル曲が入っている。
   アレンジが新しくなったわけでも無く、MVも同じなので意味不明。

หัวใจมีงานเข้า フアチャイ ミー ンガーン カオ


11:ボン ヂャオ メー ~観音様への誓い~
   これも前作の曲。さては曲数が足らなくなって埋め合わせたのだろうか?

บนเจ้าแม่ ボン ヂャオ メー


12:サワディー ルークトゥン トワ タイ ~サワディー、タイ中の田舎っ子さん~
   携帯のCMソングなのかな? という感じの曲。
   有線電話は遅々として普及しなかったのに、携帯電話はあっというまに普及。
   いつのまにか、タイでも一気にひとり一台の時代。
สวัสดีลูกทุ่งทั่วไทย サワディー ルークトゥン トワ タイ

♪おまけ♪
シライさん(ルークトゥン・モーラムコンサート)提供
=リウ最新写真集=

 


 



ここで見て気に入ったら買ってニャン♪



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

♪kapirajaさん♪

いやいや、お墨付きだなんて。
このアルバムがたまたまわたしの好みに合ったという事です。

同世代で年配にウケがいいのは、ノック・ポンパナーとかメンポーでしょうね。
その共通項は、ゆっくりした曲をしっかり歌える事でしょう。
リウも今後、ゆっくりした曲がヒットするようになると変わるでしょうね。

後ろの方って、よく見てますねぇ。。。(笑)

今後のリウも楽しみ・・・

こんにちは。

このアルバム、僕のブログでも取り上げましたが、
表面的な感想で「良いアルバム」と言っていただけなので、
こうして、そむちゃいさんのお墨付きがあれば安心です
(他人まかせ)。

前作からの2曲はやっぱり、穴埋め的な意味が大きいんでしょうね。

シライさんによると、リウは年配の方には人気が無いようで・・・。
曲調からして、それも仕方ないのかもしれませんが、
今後は幅広い層から支持されると嬉しいですね。

蛇足ですが、バックステージの写真でリウの後ろの人が着ている
Tシャツがほしいです。

♪Tommyさん♪

シライさんからは「妄想」では? と指摘されました。
一通り歌詞をよく見直してみると、たぶん妄想が正しいような気がします。

真偽はさだかでありませんが。

1曲目のムアニムですが、
タイ人に聞くと、俗語で空返事のようなことといってました。
「わかったわかった」といって、実はわかってない。

また、サパロットは、イケテルものの象徴のようです。
美味しくて(甘くて酸っぱい)、体にもいい。

Information

Please visit our sponsor's site
==== Japanese No1 Dance wear Brand ====


タイランドハイパーリンク【12人のタイブロガー】に選定されました。


★☆★☆★☆タイに行きタイ★今すぐ予約!☆★☆★☆★

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
Welcome!!
ยินดีต้อนรับ!!
บล็อกนี้แนะนำให้คนญี่ปุ่นเรื่องลูกทุ่งหมอลำตั้งแต่ปี่2546

ルークトゥンタイランドへようこそ
本サイトは2003年から
ルークトゥン・モーラムに
ついて紹介している
日本で最初の専門サイトです。


YouTUBEチャンネル
随時更新中

現場の雰囲気を満喫下さい


Facebookでも
最新情報更新中


いいね!お願いします。
Category
Article
Comment
Search
ブログ内検察はこちらから
Recommend
タイ東北地方には進学を
諦めざる得ない子ども達が
子どもたちがまだいます


当ブログも応援してます♪


ラオスの子ども達にも
等しく学ぶ機会を!



お買物で国際社会貢献
民族衣装・アジア雑貨

タイの歌手へ提唱提供中!
日本のダンスウェア販売
トップサイト



タイ関連No1
ポータルサイト

タイと日本を結ぶポータルサイト
チャンノイ.ネット



Visit Amazing Thailand!
かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

Friends' Link
Loogthung Link
Promoter
 R-SIAM
 GMM GRAMMY
 SURE ENTERTAINMENT

RadioStation

 Luktung Mahanakhon

Artist

 Jonus&Cristy

 歌手のサイトは
 リンク切れ多発のため
 検証中。
Monthly
Reccomend Books
My works
 本サイトは「そむちゃい吉田」が運営管理しています。1999年からタイに在住し、2003年8月よりホームページで本サイトの前身を開設。2008年より本ブログへ移行。FacebookページYouTubeチャンネルも開設し、現在に至りました。
 業界内でも知名度も上がり、近年は独自のコンサート企画やコラボ、日本とのコーディネートにも関わるようになりました。最近では、歌手から日本行きや仕事の紹介を頼まれることもあります。
 歌手を呼びたい。コンサートへ行きたい。など、お気軽にお問い合わせください。少しでも、一人でもタイのルークトゥンが広まり、ファンが増えることが本サイト最大の目的です。


そむちゃい吉田の著書
なお、出版社解散につき、増刷はありません。現在出回っているものがなくなり次第絶版です。涙






==こちらにも寄稿中==




↓こちらもよろしく↓

BLOG Ranking

当ブログが参加している
ランキング
記事を気に入っていただけたら
ポチッとお願いします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。