スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラポン【コン・ガン・エーン】

◆コンサート・レポート

พลพล กับ คนกันเอง  ตอน ดังใจเดียวกัน
パラポン・カッブ・コンガンエーン
トーン・ダンチャイ・ディオカン

@タマサート大学大講堂  2005, June, 10 Fri
ゲスト: ランナー・カミン、パンチ、ターイ・オラタイ、
    MCCA(マッカ)、ゴー・カイ、ソン・ザ・スター、Bangkok Xlyrophone



 2005年6月10日から3日間行われ、ターイ・オラタイもゲストとして出演したパラポンのコンサートレポート。 かなり古いものですが、旧サイトでも公開しないままだったので、ここに初公開♪





   去る6月10日(金)タマサート大学講堂に於いて、以前も新譜のレポートをお届けした「パラポン」のコンサートが開かれた。本来、11日と12日に一般に向けたコンサートとして行われたのだが、この日はスポンサーや関係者を招待して開かれた。そして、3日間の模様はライブVCDとして発売された。








 タイのコンサートらしく(?)予定された開演時間から2時間近く遅れて、スポンサーのTVCMに続いて国王讃歌が流れ、全員起立。
 パラポンが登場~コンサートが始まると思いきや、MCCA(マッカ)が観客席から進行役として登場。パラポンに関するクイズで笑いを取りながら、観客を乗せる。のっけから和気あいあいとした演出だ。最後の問題「今日の一曲目は?」の答えとして、「チョウ・ファー・ディン・サラーイ」の演奏がスタート。

 ヒット曲のメドレーとMCCAとの軽快なトークと、彼の気さくな人柄を反映するかのように、場内は常に和やかな雰囲気に包まれてコンサートは始まった。メドレーの後、3曲パラポン自身のヒット曲を披露。




 そして、この日のゲストとしてまず、北部タイからランナー・カミン登場。そう、今日のゲストはタイの各地方代表として招待されている。「サワディー・ジャオ」に続いて、パラポンとのデュエット「サンヤー・ガー・サローン」をほのぼのと歌い上げた。          
  


ランナー・カミン


パラポンとマッカ


 続いてMCCAが白い上着の学生服で登場。タイの首都バンコク代表は、今年の新人賞最有力候補「パンチ」だ。シリラート病院で生まれ、タープラ地区で育った若くて可愛い、新人歌手の登場にカメラのシャッターを切る回数も自然に増える。デビュー曲「ラオ・コン・トン・ペン・フェーン・ガン」を観衆と熱唱するなど、新人にしては堂々としたステージだ。続くデュエット「ター・デーン・デーン」は、彼女の曲の続編とも言うべき内容にされていて、パラポンはさしずめ恋する気の良いお兄さん。ホントに財布からお小遣いを渡して、場内を大爆笑に包んだ。

 



 




 タイ中部代表は、伝統楽器ラナートを操る「バンコク・シロフォン」だ。ラッパーMCCAもここで本領発揮のラップを絡めての見事な演奏に観衆も唸っている。


バンコク・シロフォン

 
 ルークトゥンのベテラン歌手「サーヤン・サンヤー」を模した衣装のMCCAが、タイ東北部代表を紹介。パラポンがルークトゥンを歌うと言うことで話題にもなっていた作曲家「スラー・クナワット」氏へのトリビュートアルバム。そこで歌った「ヌアイ・マイ・コンディー」を披露。入れ替わりに「ターイ・オラタイ」がヒット曲「キン・カオ・ルー・ヤン?」で登場。バックダンサーも引き連れて雰囲気バッチリ。話題のパラポンとのデュエット「コン・グライ・バー・ガオ」では、マーライ(花輪)を首にかけられどっぷりとルークトゥン歌手と言った趣きになった。

 

  

 
       
 
 続いて登場したタイ南部代表は2人。ひょうきんな風貌の「ゴー・カイ」とオーディション番組「THE STAR」を見事に勝ち上った「ソン」。話題の映画「マハーライ・ムアン・レー」(鉱山大学)主題歌「シアン・クルア・ジャーク・ドゥアン・ヂャン」を熱唱。映画の主役2人が花束を持って激励にも来ていた。3人でステージの階段に腰掛けて、話題はやっぱり津波。ゴー・カイは、大きな被害を受けたカオラックの出身でもあり、話の途中思わず声を詰まらせる場面も。

  
ソン・ザ・スターとゴー・ガイ




 ゲストが出尽くして、コンサートはいよいよ終盤。デビュー前によく演奏していたというアサニーワッサンのメドレーだ。演奏の間、バックスクリーンには、パラポンが様々な「役」(?)に扮した映像が映し出され、観衆の笑いも誘う。そして、彼自身のヒット曲ダイ・ダン・ヂャイ、コー・ハイ・チョーク・ディーをしみじみと歌い上げ、コンサートはフィナーレに向かう。

    




    
 



 ステージ上にゲストが一同に揃って「コン・マイ・サムカン」を合唱。会場の熱気も最高潮のうちに幕を下ろしていった。

















<演奏曲目>
 - Opening - Palapon Quiz by MCCA
- Chaw Far Din Salai Best Hits Medley
- Khon Mai Samkan
- Khon Doon Thanon
- Kor Hai Chok Dee
- Jai Koh
- Khon Khon Dee Khae Nee
- Suk Wan Nung
- Sawasdee Jao by Lanna
- San ya Ga Salorng - duet
- Rak Oey Bork Chan Rao Khong Tong Pen Faen Gun by Punch
- Tah Daeng Daeng - duet
- Diaw Ranard - Bangkok Xylophone
- Likay Rapper -MCCA & BKK Xylophone
- MuaRai MuaNan Mai Khoey Mai Rak
- Nuai Mai Khon Dee
- Gin Kao Reu Yang by Tai Oratai
- Khon Glai Ber Gao - duet
- Hai Chan Rak Tar Dai Mai
- Huan Yai
- Siang Khroewan Jak Duan Jai - by Son & Go Kai
- Yang Yim Dai Sing by Together3
- AsaneeWassan Medley
   -BangOuen - BangOr - YinDeeMaiMeePhanha
- GoomJai
- Dai Dun Jai
- Koh Hai Chok Dee
- Khon Mai Samkhan
-Chaw Far Din Salai - sing with all guests

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Information

Please visit our sponsor's site
==== Japanese No1 Dance wear Brand ====


タイランドハイパーリンク【12人のタイブロガー】に選定されました。


★☆★☆★☆タイに行きタイ★今すぐ予約!☆★☆★☆★

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
Welcome!!
ยินดีต้อนรับ!!
บล็อกนี้แนะนำให้คนญี่ปุ่นเรื่องลูกทุ่งหมอลำตั้งแต่ปี่2546

ルークトゥンタイランドへようこそ
本サイトは2003年から
ルークトゥン・モーラムに
ついて紹介している
日本で最初の専門サイトです。


YouTUBEチャンネル
随時更新中

現場の雰囲気を満喫下さい


Facebookでも
最新情報更新中


いいね!お願いします。
Category
Article
Comment
Search
ブログ内検察はこちらから
Recommend
タイ東北地方には進学を
諦めざる得ない子ども達が
子どもたちがまだいます


当ブログも応援してます♪


ラオスの子ども達にも
等しく学ぶ機会を!



お買物で国際社会貢献
民族衣装・アジア雑貨

タイの歌手へ提唱提供中!
日本のダンスウェア販売
トップサイト



タイ関連No1
ポータルサイト

タイと日本を結ぶポータルサイト
チャンノイ.ネット



Visit Amazing Thailand!
かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

Friends' Link
Loogthung Link
Promoter
 R-SIAM
 GMM GRAMMY
 SURE ENTERTAINMENT

RadioStation

 Luktung Mahanakhon

Artist

 Jonus&Cristy

 歌手のサイトは
 リンク切れ多発のため
 検証中。
Monthly
Reccomend Books
My works
 本サイトは「そむちゃい吉田」が運営管理しています。1999年からタイに在住し、2003年8月よりホームページで本サイトの前身を開設。2008年より本ブログへ移行。FacebookページYouTubeチャンネルも開設し、現在に至りました。
 業界内でも知名度も上がり、近年は独自のコンサート企画やコラボ、日本とのコーディネートにも関わるようになりました。最近では、歌手から日本行きや仕事の紹介を頼まれることもあります。
 歌手を呼びたい。コンサートへ行きたい。など、お気軽にお問い合わせください。少しでも、一人でもタイのルークトゥンが広まり、ファンが増えることが本サイト最大の目的です。


そむちゃい吉田の著書
なお、出版社解散につき、増刷はありません。現在出回っているものがなくなり次第絶版です。涙






==こちらにも寄稿中==




↓こちらもよろしく↓

BLOG Ranking

当ブログが参加している
ランキング
記事を気に入っていただけたら
ポチッとお願いします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。