スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルークトゥンフェスティバル2レポート:リハーサル編その1:どうなるバイトゥーイ?

【ルークトゥンフェスティバルレポート】
 〜リハーサル編その1〜


 R-siam社の衛星テレビ局ルークトゥン専門チャンネルSabaideeTVによるルークトゥンフェスティバル。先日も記者発表の模様をお届けしましたが、いよいよその本番が近づき、前日の26日にはリハーサルが会場となるバンコクモータースポーツランドで行われました。


 会場で意外な懐かしい顔と再会をして、ひとしきり話し込んだわたしは後日の再会を約して、会場内を探索に向おうと辺りを見回しました。すると、すぐにバイトゥーイが来ているよと知り合いから声がかかりました。実は彼女、24日にバンコク某所で行われていたロケ中に転倒。足を痛めるというアクシデントに見舞われていたのです。すぐに病院に搬送され、入院したとの報道に、今回のフェスティバルには参加できないのではないかとの声も多く聞かれていました。


<バイトゥーイ転倒負傷、入院を報じるタイの新聞報道より>


 果たして、バイトゥーイは大丈夫なのか? 1−2日の入院と1週間ほどの安静で治るとの報道でしたが、精神的なショックも気になるところです。不安な気持ちのままいわれた先に向うと・・・






ブルーベリーの三人に付き添われるように松葉杖のバイトゥーイを発見。


左からオーム、バイトゥーイ、ボー、ヌーレック

サモソンチミの中でも特に仲がいいこの4人。この日は終止一緒にいました。同じように傍に付き添っていたバイトゥーイの弟(妹?)に明日は出るの?と聞くと、

「出ますよ。でも、スローな曲を座ったまま歌うの。」

ツイッターでも彼女自身が年に一度の大イベントだから、何としてでも出ると決意表明をしていたそうで、その並々ならざるプロ根性に脱帽させられました。







この写真は、彼女のリハーサルのものですが、舞台中央に設けられたせり上がりから、イントロとともにイスに座ったバイトゥーイが登場するというモノでした。きっと、彼女の事故を受けて急遽考えられた構成なのでしょう、バイトゥーイ自身の根性もさることながら、周りのサポートもスゴくしっかりしていて感心させられました。





さて、バイトゥーイの決意を確認して安心したわたしは、会場を探索。

 会場となるバンコクモータースポーツランドは、かつてマジックランドという遊園地の跡地。シンデレラ城みたいなお城は当時の名残りとして未だに壊されずに残されています。タイ国営石油会社PTTがモータースポーツの普及とカートレーサーの育成を目的に2007年に開業。普段はゴーカート場のほか、自動車教習場もあるそうです。しかし、わたし自身はここの存在自体をまったく知らず、何人かの友人に聞いても知る人はいませんでした。場所は地下鉄ラープラオ駅からラチャヨーティン交差点に向って1km弱と悪くないので、機会があれば遊びに行きたいですね。


会場のシンボル「シンデレラ城?」



エントランスの受付前には小さな観覧車三基
(写真では2基しか写ってませんが。。。)



広い会場なので大きなステージも小さく見える



 昨年行われた同フェスは、ラマ2世通りのセントラルという、バンコク在住者 にとっても滅多に行く事の無い場所だったので、今回の場所は外国人にとってみても非常にいいところを見つけたなと思いました。そして、会場近くにはRS本 社もあり、Rサヤーム所属歌手にはこの近くに住む人もいるのですから、まさにうってつけの場所といえるでしょうね。

 
さて、カートコースと広いスペースにはステージと観客席のほかに、観覧車やメリーゴーランドなどの遊技場、スポンサーのブース、そして歌手本人たちが運営する販売ブースも並んでいます。



続く・・・






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Information

Please visit our sponsor's site
==== Japanese No1 Dance wear Brand ====


タイランドハイパーリンク【12人のタイブロガー】に選定されました。


★☆★☆★☆タイに行きタイ★今すぐ予約!☆★☆★☆★

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
Welcome!!
ยินดีต้อนรับ!!
บล็อกนี้แนะนำให้คนญี่ปุ่นเรื่องลูกทุ่งหมอลำตั้งแต่ปี่2546

ルークトゥンタイランドへようこそ
本サイトは2003年から
ルークトゥン・モーラムに
ついて紹介している
日本で最初の専門サイトです。


YouTUBEチャンネル
随時更新中

現場の雰囲気を満喫下さい


Facebookでも
最新情報更新中


いいね!お願いします。
Category
Article
Comment
Search
ブログ内検察はこちらから
Recommend
タイ東北地方には進学を
諦めざる得ない子ども達が
子どもたちがまだいます


当ブログも応援してます♪


ラオスの子ども達にも
等しく学ぶ機会を!



お買物で国際社会貢献
民族衣装・アジア雑貨

タイの歌手へ提唱提供中!
日本のダンスウェア販売
トップサイト



タイ関連No1
ポータルサイト

タイと日本を結ぶポータルサイト
チャンノイ.ネット



Visit Amazing Thailand!
かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

Friends' Link
Loogthung Link
Promoter
 R-SIAM
 GMM GRAMMY
 SURE ENTERTAINMENT

RadioStation

 Luktung Mahanakhon

Artist

 Jonus&Cristy

 歌手のサイトは
 リンク切れ多発のため
 検証中。
Monthly
Reccomend Books
My works
 本サイトは「そむちゃい吉田」が運営管理しています。1999年からタイに在住し、2003年8月よりホームページで本サイトの前身を開設。2008年より本ブログへ移行。FacebookページYouTubeチャンネルも開設し、現在に至りました。
 業界内でも知名度も上がり、近年は独自のコンサート企画やコラボ、日本とのコーディネートにも関わるようになりました。最近では、歌手から日本行きや仕事の紹介を頼まれることもあります。
 歌手を呼びたい。コンサートへ行きたい。など、お気軽にお問い合わせください。少しでも、一人でもタイのルークトゥンが広まり、ファンが増えることが本サイト最大の目的です。


そむちゃい吉田の著書
なお、出版社解散につき、増刷はありません。現在出回っているものがなくなり次第絶版です。涙






==こちらにも寄稿中==




↓こちらもよろしく↓

BLOG Ranking

当ブログが参加している
ランキング
記事を気に入っていただけたら
ポチッとお願いします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。