スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルークトゥンフェスティバル2;リハーサル編その2

ルークトゥンフェスティバル2
 リポート 〜リハーサル編その2〜

前回からの続きです。

 このルークトゥンフェスティバルは昨年初めて行われて今年は2回目。昨年はRsiam10周年の記念コンサートだったのですが、今回はこれを毎年恒例にしようとぶち上げた、正にRS社の社運をかけたと言っても過言ではないもの。Rsiamというレーベル名はあれど、正式にはRS社のルークトゥンを扱う一部門。それが今年になって新人、ベテラン問わずに大補強をしています。メンポーメーン・マニワンエー・ポチャナーピヨウピヨウウム・ガシヤーイム・・・さらにピム・ポーティデートも話しているらしい。。。その為の大宣伝対策という側面もあるのでしょうが、10月初頭に行われたグランミーワンダーランドがアイドル、ポップス、ルークトゥンから俳優までも含めた全社を挙げたものだったのに対して、こちらはルークトゥン歌手だけ。しかも、無料ときている。(グランミーは4日間開催され1回300Bだった)



 そもそも、昔からRS社というのは、洗練されたお上品な香り漂う(これは悪口ではなく、センスがいいと言う意味)歌手や作品を大々的なプロモートで売るのに対して、どちらかというと庶民的で、ちょっと泥臭い歌手や作品が多かった。タイの一般リスナーの反応を見ていても、RSの歌手の方により親しみを覚えているように見えた。
その辺が今回2ヶ月の間に行われたイベントの基本的な姿勢そのものにも現れている気がしますね。

 さて、能書きはこの辺にして会場周りを続けましょう。

ステージでは新人軍団がブルーベリーのチミを歌っています。
暗くて良くわからないのと、わたし自身だれがだれだか知らない歌手なので。。。



Rsiamの資料が間違っていなければ、ここに写っているはずなのでは、
エームプンプレーン、アーイス、クリームの5人

知っているのは今年2月に
コムチャットルックで新人賞を取ったクリームだけ。大体、このクリームがまだこんなところにいることも不思議なのです。あれだけの高評価を受けたのですから、さっさとアルバムが出ても不思議じゃないのに。。。それだけ、Rサヤーム、否、ルークトゥン界は層が厚いということなのでしょう。
それにアーイス(Eyes / อาบส์)はFacebookでは友達だけど、歌は聴いたことが無いし、アイス(Ice / ไอซ์)とかアリス(Alice / อลิส์)とか似た名前ばかり増えて来てややこしいったらありゃしない。文字の上では区別も出来るけど、せめて、昔の習慣に従って出身地にちなんだ苗字を付けて欲しいものです。全部にRサヤームという社名を苗字に付けるからこういうことになるわけで。
ただ最近はFacebookで歌手の友達が増えるに連れて、探す時には重宝しています。でも、それだけ。
個人的にはずっと前にもヒットチャートの中で書いたことがありますが、歌手本人のアイデンティティを損なうものとして、基本的には反対です。

また、話がそれましたので、戻りましょう。





ステージから目を客席側に移し、少し進むと薄暗い中から声をかけて来る男が。。。
見るとナイト・コンバンナーで(下写真右から2番目)した。一緒にいたのは、先日復活したシミサオーン2のメンバー(だと思う)

ということは、左の女性歌手はプレムかな。他の男二人には興味ありません。(爆)

 ナイトは今年日本に行って来たと聞いたので、どうだったと聞くとニンマリ。
また来月行くんだよと景気の良さそうなことを言ってきました。
彼の場合その方が収入になるんじゃないだろうか。

 このシミサオーン復活で期待されたジアッブ・カノクポーンは今回参加していないどころか、シミサオーン自体にもまだ参加していないようです。この後、直接電話で話す機会もあったのですが、何か契約的な問題でもあるのかと察し、聞くことはできませんでした。





 会場には歌手によるグッズ販売ブースも並びます。リハーサルの横ではその準備をする歌手たちもチラホラ。。。
でも、思ったより少ない。きっと明日の朝にドタバタとやるのでしょうねぇ。さすがタイ人たちだ。
そして、それでも何とか形にしてしまうのもさすがと思わされてしまうのですが。

まずは、いつも丁寧なワイで挨拶してくれるこの方。


どうやら、写真映りが気に入らないらしく何度も撮り直しをした最後のショットですが、それでも不満顔でしたので、小さめの写真でアップしておきます。


続いて、チェンマイコンビのふたり

奇跡のアラフォーと気のいいジャイアンです(爆)

キャットは最近やっと素顔でもわかるようになったので、挨拶するとすぐに横にナット・キティサーン。マジで気が付かなくて、「誰かと思ったぁ」と思わず言っちゃいました。555〜

キャット自ら飾り付け♡

彼女は数ヶ月前に日本に行って以来ブームになっているようで、会うたびに日本語で挨拶してくれます。最近はFacebookでも日本語でカキコしていたり。といっても自動翻訳ぽいですが。このブームなうちにもっとキャットに近づかなくては。。。焦っ
そして、その前に立ちふさがるように。。。


いや、あなたを撮ろうとカメラを構えていたんじゃ。。。
(彼の後ろにキャットがいます)





どうも表に歌手が少ないなぁと思っていたら、バックヤードで見つけました。


リハーサルとはいえ、入念に化粧中のアリス(右)
その横で一人盛り上がってるルークターン(左)と
無理してテンションを合わせようとしてるピヨウピヨウ。

そして、南部周りで中々会えないこの人。
スッピンなので、誰だがわかります?
わたしもまだ一目ではわかりませんでした。

ヌイ・スウィナーです
一応、マナーとして小さめにアップ。


彼女の誕生日タンブンに行って会ったとき以来。数ヶ月ぶりですが、その時に移動中にはぐれるという失敗をして、ヌイもよく覚えていてくれたようです。
実はその際にスーパールークトゥンという衛星放送の番組の取材を受けて、タイのテレビに初出演をしてしまったわたしです。^^ゞ


6分20秒あたりからかのTommyさんと一緒にインタビュー受けてます。#^ー^#





さて、おふざけもほどほどにステージ前に一緒に移動しましょう。

ステージではサモソンチミのユニットができるきっかけになりながらも、
新しい3からは独立してしまったブルーベリーによるメドレーです。


イン・ティティカーンが歌う「アソンカイ」は古い言葉で無限の時という意味だそうです。元々はルークグルンの曲で、過去にウィット・ハイパーやSISがカバーしていましたが、このインのバージョンが一番だと思います。




その横では、サモソンチミ3がリーダー、カテー指導のもとでダンスの確認です。






なんだか、ばらばらと揃ってないのは結成間もないご愛嬌でしょうかね
左から
アリス、ウム・ガシヤー、ルークターン、ピヨウピヨウ、カテー
ホントならここにバイトゥーイが加わったサモソンチミ3です


カテー
は。今回のサモソンチミ3では、行動も扱いも別格
ブルーベリーよりもカテーの方が独立するべきだったと思うのはわたしだけかな?
というか、カテーは元々芸歴一番長いし、人気もグンを抜いてるし。
さて、この中から誰が一番先に抜け出して来るのか?
個人的な予想では、意外にも一番新人のウム・ガシヤーのような気がしてなりません。
というのは、フェスティバルの間あちこちで熱心なファンを見かけていましたので。
あとは楽曲次第でしょう。


それでも、練習はあっという間に終わり・・・


撮影会に早変わり


ステージに目を戻すと・・・


新曲がヒット中のビウ・ガラヤニー

そして、振り向くと・・・


ファンクラブに混じって・・・ルークターン


そしてビウは現在一番人気のこの人と


バウウィーとのデュエット♪


この日は、続いて間もなく新譜が出ると聞いていたカーオティップのコンサートがあり、この辺で切り上げました。その模様は、Facebookにアップしてありますので、コチラよりご覧下さい。


さて、明日はいよいよ本番です。
歌手たちは朝8時から会場入りするとのこと。
わたしも気合いを入れないと・・・

続く



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

♪Tommyさん♪

だよね。確かに暗過ぎる。。。^^ゞ

無理です。

顔がはっきり映ってないし、暗い。
せめて、サモーソンチミ3位の鮮明さは欲しい。

一番左がなんとなく、エームかなと。

♪Tommyさん♪

> エームとプレーンとクリームは、わかるのですが。

何番目が誰とかわかりませんか?

自慢にもなりませんが。

自慢にもなりませんが、アドリブがきかないタイプです。
若手の5人は、写真では、顔がわかりづらい。
エームとプレーンとクリームは、わかるのですが。

サモーソンチミは、今後もクラテー師範率いる若手女子アイドル登竜門という位置づけで続けて欲しいです。
抜けるのは、彼女自身が本格派に転進するときでいいと思います。
彼女の元で、歌、ダンス、エッベウぶりなど学んでもらいたい。
それにしても、ピョウピョウはやはり場違いかな。
まあ、移籍したばかりなので、周知もあるのでしょうが。

♪Tommyさん♪Eddieさん♪

>Tommyさん
この写真で誰が誰だかわかりませんかね?
わかる娘だけでも教えて下さいまし。
本番の時の並びからすると右端がクリームだと思うんですが。


>Eddieさん
Tommyさんいわく「あがりまくった」そうです。
っていうか、普通の人はカメラの前であがらない方がおかしいのでしょうね。
まったくそう見えないわたしが異常なわけで。。。

あのカンガルーのぬいぐるみは、たまたま当日の朝駅の近くで売ってたので買って行ったんですが、ことの外ウケが良かったようです。

No title

「コーハイミールークユオユオ」~ 555
で、Tommyさんはテレテレかデレデレか?
Gifはしおらしく、楽しい映像有難うございます。

色々と

5~~~
行きたかったな。
Eyesは、ノッゲーウの誕生日パーティに来てたと思うんですが。
プレーンは、まだ曲がないですが、Rsiamの隠しだまだと思います。
ルックスもいいし、歌もそこそこ。

Information

Please visit our sponsor's site
==== Japanese No1 Dance wear Brand ====


タイランドハイパーリンク【12人のタイブロガー】に選定されました。


★☆★☆★☆タイに行きタイ★今すぐ予約!☆★☆★☆★

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
Welcome!!
ยินดีต้อนรับ!!
บล็อกนี้แนะนำให้คนญี่ปุ่นเรื่องลูกทุ่งหมอลำตั้งแต่ปี่2546

ルークトゥンタイランドへようこそ
本サイトは2003年から
ルークトゥン・モーラムに
ついて紹介している
日本で最初の専門サイトです。


YouTUBEチャンネル
随時更新中

現場の雰囲気を満喫下さい


Facebookでも
最新情報更新中


いいね!お願いします。
Category
Article
Comment
Search
ブログ内検察はこちらから
Recommend
タイ東北地方には進学を
諦めざる得ない子ども達が
子どもたちがまだいます


当ブログも応援してます♪


ラオスの子ども達にも
等しく学ぶ機会を!



お買物で国際社会貢献
民族衣装・アジア雑貨

タイの歌手へ提唱提供中!
日本のダンスウェア販売
トップサイト



タイ関連No1
ポータルサイト

タイと日本を結ぶポータルサイト
チャンノイ.ネット



Visit Amazing Thailand!
かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

Friends' Link
Loogthung Link
Promoter
 R-SIAM
 GMM GRAMMY
 SURE ENTERTAINMENT

RadioStation

 Luktung Mahanakhon

Artist

 Jonus&Cristy

 歌手のサイトは
 リンク切れ多発のため
 検証中。
Monthly
Reccomend Books
My works
 本サイトは「そむちゃい吉田」が運営管理しています。1999年からタイに在住し、2003年8月よりホームページで本サイトの前身を開設。2008年より本ブログへ移行。FacebookページYouTubeチャンネルも開設し、現在に至りました。
 業界内でも知名度も上がり、近年は独自のコンサート企画やコラボ、日本とのコーディネートにも関わるようになりました。最近では、歌手から日本行きや仕事の紹介を頼まれることもあります。
 歌手を呼びたい。コンサートへ行きたい。など、お気軽にお問い合わせください。少しでも、一人でもタイのルークトゥンが広まり、ファンが増えることが本サイト最大の目的です。


そむちゃい吉田の著書
なお、出版社解散につき、増刷はありません。現在出回っているものがなくなり次第絶版です。涙






==こちらにも寄稿中==




↓こちらもよろしく↓

BLOG Ranking

当ブログが参加している
ランキング
記事を気に入っていただけたら
ポチッとお願いします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。