スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュアー コンサートレポート

 2013年2月23日(土)
 バンコク、ラムカムヘン2キャンパスに近いワット・トゥンセティーにて、シュアーエンターテイメント社の歌手(ほぼ)総出演のコンサートが行われました。このコンサートは毎年恒例のシュアー社のタンブンを兼ねたもので、思えば昨年の同じコンサートでわたしが初めてイム・スティダーに出会ったのです。本レポートはシュアー3人娘のほぼ全曲を含むビデオに解説を加えつつ、時系列で追ってみます。


 さて、このシュアー社に限らず、タイの企業はほとんど、一年に一度所縁(ゆかり)のあるお寺に一年の業績向上を祈願するタンブンを行います。それをこうしてコンサートとして行うか、会社にお坊さんを招いて行うか、お寺へ普通にタンブンに行くかは形式の違いだけで目的は全く同じ。果たして、昨年は3月のマハーナコンアワードでイム・スティダーが最優秀新人賞を獲得。さらにチャイヨー・タナワットやソン・アンパンらの曲がヒットチャート上位にランクインするなど、目覚ましい活躍を見せたシュアーの歌手たち。今年の祈願もきっと成就する事間違いない。。。?


開演待ちの間にファンからのお土産にご機嫌のお二人♪
アム・ナンティヤー(右)とディアー・ダーリン(右)



さて、ここからレポートスタート。

 当初、19時にスタートすると聞いていたコンサート。しかし、ステージではまだサウンドチェックの真っ最中。いつものごとく、普通に時間を押してるようです。その間にシュアーのスタッフや歌手たちと情報交換。きょう来ている歌手は、大ボスモンシット・カムソーイ、ソン・アンパン、イム・スティダー、ディアー・ダーリン、アム・ナンティヤーのほかデビュー前の新人2名。そしてチャイヨー・タナワットは、他のイベントが終わってから駆けつけるために遅くなるだろうとのこと。この日来ていなかったのは、イサーンでのコンサートが入っていたアイディン。最近、復帰したスナリー・ラチャシマーは?と聞くと、彼女とはアルバムだけで専属契約ではないとのこと。

 と、開演直前にチャイヨーの車が到着。全然遅くないし。。。ま、この辺の情報のいい加減さもいつものこと。彼と会うのも久しぶりなので軽く挨拶。チャイヨーのニックネームが「ヨー」。周囲からはピーヨーと呼ばれてます。実はわたしも、嫁の実家では同くピーヨーと呼ばれているので、一瞬自分が呼ばれたのかと振り向いてしまったり。555


 コンサートスタート♪

歌手の登場前にダンサーたちのオープニングレビューショーです。




そして一番手はなんと大御所モンシット・カムソーイ


いったい誰が登場するのか?という豪奢なオープニング
続いて始まる曲とのギャップはウケ狙いなのでしょう。。。


モンシットは、意外にアップテンポでヒョウキンに歌うのが似合うんです。

サーオボリスッ
普通は処女って意味なんですが。。。
純真な娘という意味でも使います。



この後、次のイベントに向けてすぐに会場を離れた大御所でした。





続いて登場は、シュアー男性陣の若手ナンバーワン(?)
トゥム・ピチッチャイ
9chの学校対抗ルークトゥン楽団オーディション番組「チンチャーサワン」出身です。


ミー フェーン レオ マイ ボーク



このあと、二人デビュー前の新人をはさんで。。。
 




いよいよイム・スティダーの登場です。
デビュー曲マイクイマイキットゥンで始まったステージですが、その1曲目のビデオデータが壊れてましたので、お見せできず申し訳ないです。<(_ _)>



ビデオは2曲目からです。
まずは、昨年このステージは貫禄を見せていたものの会社を出てしまったフォン・タナスントーンのヒット曲「チャン・nゴーンレオ・ナ」から5曲+1を続けてどうぞ。。。


たった一年で、すでに余裕のステージぶりのイム。
大先輩の歌もまるで元々自分の曲だったかのように余裕でこなしているのが見事。



続いては自身のヒット曲ミーフェーンレオハーイマイ


この日歌う予定が無かったのか、アカペラで歌い出しのは・・・

フェーンガオ
イム自身アルバムの中でも歌い甲斐のあって好きな曲だそうです。






そして最後はいつ聞いていもゾクっとするコレ

マーイカンマー



続いて(トミーさん曰く)シュアーのセクシーダイナマイト!
ディアー・ダーリンです。






ペン コン ピセー♪



すっかり定番なポッブミアマードゥアイ♪




ゴーッ チャン♪
イン・ティティカーンのカバーが有名ですが、古いスタンダード曲








そして、シュアー3人娘の長女アム・ナンティヤー
シュアーも今年彼女をこれ以上放置するとフォンに続いて。。。ということになりかねない。早く新曲を出してやってほしいものです。


ワイティーンヤソートン♪







ヤークトーハーチャイシカーッ♪












続いてシュアーでは珍しい(?)南部出身のソン・アムパン









この日のトリは、シュアーではモンシットに次ぐ兄貴分チャイヨー・タナワット





タイ中部ペチャブリーの出身です。



関連ページ

イムスティダーファンミーティングレポート
アムナンティヤー誕生日レポート
・歌手紹介 イムスティダー




一気にアップしましたシュアーコンサート♪
いかがでしたか?
今回も編集なしのままお届けしましたが、連続して見ていただくとタイのローカルなコンサートの雰囲気がおわかりいただけるかと思います。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Information

Please visit our sponsor's site
==== Japanese No1 Dance wear Brand ====


タイランドハイパーリンク【12人のタイブロガー】に選定されました。


★☆★☆★☆タイに行きタイ★今すぐ予約!☆★☆★☆★

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
Welcome!!
ยินดีต้อนรับ!!
บล็อกนี้แนะนำให้คนญี่ปุ่นเรื่องลูกทุ่งหมอลำตั้งแต่ปี่2546

ルークトゥンタイランドへようこそ
本サイトは2003年から
ルークトゥン・モーラムに
ついて紹介している
日本で最初の専門サイトです。


YouTUBEチャンネル
随時更新中

現場の雰囲気を満喫下さい


Facebookでも
最新情報更新中


いいね!お願いします。
Category
Article
Comment
Search
ブログ内検察はこちらから
Recommend
タイ東北地方には進学を
諦めざる得ない子ども達が
子どもたちがまだいます


当ブログも応援してます♪


ラオスの子ども達にも
等しく学ぶ機会を!



お買物で国際社会貢献
民族衣装・アジア雑貨

タイの歌手へ提唱提供中!
日本のダンスウェア販売
トップサイト



タイ関連No1
ポータルサイト

タイと日本を結ぶポータルサイト
チャンノイ.ネット



Visit Amazing Thailand!
かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

Friends' Link
Loogthung Link
Promoter
 R-SIAM
 GMM GRAMMY
 SURE ENTERTAINMENT

RadioStation

 Luktung Mahanakhon

Artist

 Jonus&Cristy

 歌手のサイトは
 リンク切れ多発のため
 検証中。
Monthly
Reccomend Books
My works
 本サイトは「そむちゃい吉田」が運営管理しています。1999年からタイに在住し、2003年8月よりホームページで本サイトの前身を開設。2008年より本ブログへ移行。FacebookページYouTubeチャンネルも開設し、現在に至りました。
 業界内でも知名度も上がり、近年は独自のコンサート企画やコラボ、日本とのコーディネートにも関わるようになりました。最近では、歌手から日本行きや仕事の紹介を頼まれることもあります。
 歌手を呼びたい。コンサートへ行きたい。など、お気軽にお問い合わせください。少しでも、一人でもタイのルークトゥンが広まり、ファンが増えることが本サイト最大の目的です。


そむちゃい吉田の著書
なお、出版社解散につき、増刷はありません。現在出回っているものがなくなり次第絶版です。涙






==こちらにも寄稿中==




↓こちらもよろしく↓

BLOG Ranking

当ブログが参加している
ランキング
記事を気に入っていただけたら
ポチッとお願いします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。