スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お母さんと一緒】Super Valentine

スーパーバレンタインの「おかあさんと一緒♪」

 8月12日は、タイ王妃の誕生日。ということで母の日として王妃の生誕を祝うというよりも、家族でお母さんに日頃伝えきれない感謝を示す日として定着しています。ルークトゥン界でも、歌手たちが毎年アチコチのイベントに出演するために2〜3カ所を掛け持ちで駆け回る日でもあるのです。いわゆる稼ぎ時な日ですな。笑


Super Valentineのメンバー
左からノーン/ヌン/ボー/ジェーン/ウット

さて、そんなことはともかく、スーパーバレンタインが自らの会社トップラインでテレビ収録をやるというので行ってきました。そこで収録されたのが、母の日の番組だったので本ブログでにも掲載しちゃいましょう。


こちらは彼らがブレイクした曲「ヤークペンスプター」



トップライン社への初訪問

 3年ぶりの里帰り中にお世話になったSoiHiro兄を伴ってやってきましたトップライン−ダイアモンド社のオフィス。こうして写真でも見ると普通に会社に見えてしまいますが、周辺は知らない人が迷い込んだらスラムか?と思うような下町。BTSプラカノン駅から歩いても15分程度なのですが、会社のホームページにある地図の道をその通りに見てしまうと迷路にはまり込む事は間違いないでしょう。


 この日は事前にメンバーのボーから聞いていたので、二人で行く事を伝えていたためか、怪しい日本のオヤジ2人組も丸っ切り警戒される事無く社内へ入れてくれました。ボーが会社に伝えていたのか?と思いきやそうでもなさそう。だとしたら、ガードが揺る過ぎかと思うんですが、古き良きタイのスタイルとして永久保存しておいて貰った方がこちらもやりやすい。グランミーはもはや問題外だし、RSも社内に入り込むには手続きが面倒になりつつあるので、こことシュアーは遺産級な緩さといえるかも知れません。とはいえ、タイ語が話せないとこうもいかないと思いますので、無茶は止めてくださいね。行きたいという方はご連絡いただければ、都合の許す限りご案内しますので。


会社から見下ろした景色
これだけだとクロントイと大差ありません

 ボーとのチャットで12時から撮影と言われたので、じゃぁ少し前に行ってた方がいいね。というとそうねという彼女の言葉をうっかり鵜呑みしたために11:30過ぎに着いた私たちは、結局30分以上もボ〜っと待たされる羽目になりました。一番最初に姿を見せたのがリーダーのノーン。かつてSoiHiro兄から下の写真のブツをプレゼントされて、発狂状態で喜んでくれたので、わたしたちも一目でウエルカム。というか、挨拶が済むなりどこかへ消えたと思ったら、飲み物とお菓子を買ってくるというパシリ状態なノーン君。いいのか、これで?




以前の決定打

 ノーンがわたしたちにパシリをするようになったのは、とあるプレゼントをしたからなのです。
元々はステージトークのネタとして「ゴム人形(トゥカターヤーン)が欲しいんだけど、日本から買って来てよ!」と言われたのをウッカリと安請け合いしたわたし。そこへSoiHiro兄が「そんなのおやすい御用」と本当に買って来ちゃったのが昨年末の大晦日頃でした。SoiHiro兄は滞在中に手渡せなかったものの、数日後に無事に届けたのです。その翌日にアップされたのが下の写真。。。とくとご覧あれ。



以前、Facebookには公開しましたがあらためて。
上写真の右下:ブツの外箱「まんぐりまんぞく 櫻井裕美」ちゃん
左下:嬉々として命を吹き込むリーダー
右上:野生に火がついた?リーダー
左上:もう誰にも止められない。。。



一応、付けるものも一緒に贈呈。


話しが大きく反れたので、元に戻しましょう。
ともあれ、そんなこんなでこのグループとは気軽にお話できる関係になっていたので、知らないうちにトップライン社内でも知られていたのかも知れません。

リーダーがどこかへ買い出しに行っている間に、ヌンとウット、続いてボーも到着して、収録のスタジオへ案内されました。スタジオに入る前に控え室だとして、それぞれのお母さんたちと一緒に会議室へ。収録準備が始まってしまうと忙しくなるので、早速日本からのお土産贈呈式の開始です。



SoiHiro兄が3人娘に持って来たのはコレ
ぜひともステージで使って欲しいものです。


翌日が誕生日だったボーちゃんにはさらに!
すっかりご満悦の様子でした♪

現場には、わたしとSoiHiro兄、そしてノーンとウットも男性としていたのですが、お母さんたちのおしゃべりは収録開始の合図があるまで、この会議室に響き渡っていました。





収録開始!

まずはリーダーから


 収録は5人のメンバーそれぞれ行われるようで、ちょこっと見てすぐに引き上げるつもりだったわたしたちも、どこで帰ればいいのかをすっかり見失ってしまいました。とはいえ、それぞれにデビュー前や現在の親孝行ぶりのエピソードを聞けた貴重な機会となりました。


自分の収録前にポーズ!


この笑顔が収録中には・・・



・・・・・
言葉はいりませんね



ヌンのこの余裕も



結局・・・



一番気丈に見えたジェーンも実は・・・



アップにしたら光るものが




こんな撮影風景を見ているとすっかり周りも


出番待ちの間に他の人の話しをしんみりと聞くおかあさんたち


そして振り返ると・・・



もらい泣き by SoiHiro兄



生放送

これまでは母の日とその直前に放映されるエピソードを特集した番組の録画。これと同時に他のスタジオでは生放送が。


サーオマートが療養中のためスーパーバレンタインと合流している
ヤーイソーンが生本番中でした♪



最新DVDではすっかりメンバーなのです



収録の合間に撮れと言われて・・・
できればヌンと撮りたかったんだけど。笑

こぼれ話しと参考になる話し
(このレポート自体がすべて裏話みたいなものですが。。。)

 こうしてステージとは違ったところで会う歌手たちは、それぞれの素に近いキャラがわかって、わたし的にはこうして書く時にも多いに参考になるのです。それにコンサートの合間では、あまり聞けない話しもポロポロと聞けることもあります。

 引き上げる直前に、生本番に備える3人娘とお母さんたちに囲まれて、逆に質問攻めにもあった時のことです。
聞かれたので、わたしが15年タイにいると言うと・・・

「フェーン・コンタイ・チャイマイ(恋人はタイ人でしょ)?」

 と言われたので、タイのタロック定番で切り返してやりました。


「ヤン・マイミー・フェーン(まだ恋人はいません)。
 ミーテ・ミヤ(女房しかいないです)」

 と、もちろん室内は大爆笑。
  これは、普通に飲み屋でも使えるので覚えてやってみてください。
  つかみはこれでオッケーですので。

さらに
「ミー・ルーク・キーコン(子どもは何人)?」
 と聞かれたら、
「ヤンマイミー(まだいない)」
 と答えるとほぼお決まりに
「タンマイ(あら、どうして)?
 マイ・アオ・ロー(欲しくないの)?」
と、言われるので、すかさず

「タム・マイ・ペン(作り方知らない)」

 と答えれば完璧です。
 これで女のからの覚えはバッチリでしょう。


実際この日、ボーのお母さんから、「あしたの誕生日に田舎に帰るから一緒に来ないか?」とお誘いもありましたが、仕事もあったので泣く泣くお断りする事態になっていました。。。悲




母の日

 母の日に限らず、12月5日の国王誕生日(父の日)、2月14日のバレンタインデーとタイ人は家族への想いを大切にして、その時々に口と態度でしてしています。在住15年になるわたしですが、タイ人のこうしたことを見習いたいと思いつつも、実の両親へは中々できないままになっています。タイ好きなみなさん。かねてより、言わずもがなとは古くから日本人の美徳とされているところかも知れませんが、わたしも含めてタイ人を見習って、感謝を口にしていきましょうかね。孝行したい時には親はなしとも言いますし。





おまけ

トップライン社のあるソイには消防署がありました。そこにある消防車はナント。。。


これは特殊レスキュー車?

トップラインのロゴステッカー(音符マーク)が貼ってあるという事は、寄付をしたものなのでしょう。


そのとなりの車にも

昔からこうした設備投資に予算がなかった政府を補うのが、
こうした民間企業や個人による寄付。
国は人々のために。
個人は国のために。
お互いに目に見える形での支え合いとしていい形で機能して来た部分です。
だからこそ、かつての津波の被害の後も見事な復興を遂げたのでしょう。
これは今現在の日本がぜひ見習って、取り入れるべきは取り入れて欲しいところだと思ってます。


と、最後は堅苦しい話しになってしまいました。
最近は思いつくままに、締まりなく、ダラダラと書きなぐる事が増えていますが、いかがでしょうか?
率直なご感想をお気軽にコメントいただけると嬉しいです。







ランキング参加してます
ポチッとしてもらえると励みになります

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ  にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : タイ歌謡曲の歌手
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

母の日

なかなか、読み応えあって、とても勉強になりました。
タイ語のご教授もあり、助かります。

そうですね、母の日ですか、日本にも日にちは違えどありますが、あまり気にしてなかった私は恥ずかしいです。
これを読んで、もっと母親のことを大事にしなくちゃいけないことを改めて思い知りました。
ありがとうございました。

トップライン社、機会があれば、私も行ってみたくなりました。

泣けるほど

タイ語ができるようになりたいものです。はぁ~道は遠い・・・

そむちゃいさんのブログは貴重な情報をいただいたり、
楽しませていただくこともあるにはあるのですが、何と
言っても文章には、トミーさん同様、歌手さんたちへの
愛情が感じられ、心が温まります。
これからも、勝手に期待しています。
プレッシャーを感じてくださいな。w

泣けた~泣けた、こらえきれ~ずに

兄貴も泣いたね~
これでヒトの事言えまい ^_^

Information

Please visit our sponsor's site
==== Japanese No1 Dance wear Brand ====


タイランドハイパーリンク【12人のタイブロガー】に選定されました。


★☆★☆★☆タイに行きタイ★今すぐ予約!☆★☆★☆★

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
Welcome!!
ยินดีต้อนรับ!!
บล็อกนี้แนะนำให้คนญี่ปุ่นเรื่องลูกทุ่งหมอลำตั้งแต่ปี่2546

ルークトゥンタイランドへようこそ
本サイトは2003年から
ルークトゥン・モーラムに
ついて紹介している
日本で最初の専門サイトです。


YouTUBEチャンネル
随時更新中

現場の雰囲気を満喫下さい


Facebookでも
最新情報更新中


いいね!お願いします。
Category
Article
Comment
Search
ブログ内検察はこちらから
Recommend
タイ東北地方には進学を
諦めざる得ない子ども達が
子どもたちがまだいます


当ブログも応援してます♪


ラオスの子ども達にも
等しく学ぶ機会を!



お買物で国際社会貢献
民族衣装・アジア雑貨

タイの歌手へ提唱提供中!
日本のダンスウェア販売
トップサイト



タイ関連No1
ポータルサイト

タイと日本を結ぶポータルサイト
チャンノイ.ネット



Visit Amazing Thailand!
かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

Friends' Link
Loogthung Link
Promoter
 R-SIAM
 GMM GRAMMY
 SURE ENTERTAINMENT

RadioStation

 Luktung Mahanakhon

Artist

 Jonus&Cristy

 歌手のサイトは
 リンク切れ多発のため
 検証中。
Monthly
Reccomend Books
My works
 本サイトは「そむちゃい吉田」が運営管理しています。1999年からタイに在住し、2003年8月よりホームページで本サイトの前身を開設。2008年より本ブログへ移行。FacebookページYouTubeチャンネルも開設し、現在に至りました。
 業界内でも知名度も上がり、近年は独自のコンサート企画やコラボ、日本とのコーディネートにも関わるようになりました。最近では、歌手から日本行きや仕事の紹介を頼まれることもあります。
 歌手を呼びたい。コンサートへ行きたい。など、お気軽にお問い合わせください。少しでも、一人でもタイのルークトゥンが広まり、ファンが増えることが本サイト最大の目的です。


そむちゃい吉田の著書
なお、出版社解散につき、増刷はありません。現在出回っているものがなくなり次第絶版です。涙






==こちらにも寄稿中==




↓こちらもよろしく↓

BLOG Ranking

当ブログが参加している
ランキング
記事を気に入っていただけたら
ポチッとお願いします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。