スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンサートレポート★サワッド・サラカム先生誕生コンサートinマハーサラカム☆準備編

ルークトゥンタイランド★コンサートレポート


サワッド・サラカム先生誕生日コンサートレポート:準備編


サワッド・サラカム先生誕生日コンサートの案内
2月5日(金)モーラム系音楽の大プロデューサー、サワッド・サラカム先生が自らの誕生日に地元で開催した誕生日コンサート。今年で3回目だそうですが、念願がかなって初めて観て来ました。その模様を2回に分けてレポートします。まずは準備編。


裏方で炊き出しをしたラムヨンファンクラブの面々

 サワッド・サラカム先生と言えば、知る人ぞ知る大ヒット曲インリー・シーチュンポンが歌った「コーチャイターレークバートー」の生みの親。モーラムをタイの一般レベルにまで知らしめたのが、ボーラックシーダムだとすれば、ラムシンを一般のものとしたのが、この曲とも言えるでしょう。このコンサートも先の大ヒット曲をきっかけに始まったのは明らかです。そんな大先生なのにまったく偉ぶる事もなく、いつも朗らかな先生の周りには歌手も関係者も、そしてファンとも親しく交流をしている様子。普段はバンコクに住んでいるもののこうして定期的に地元の生家を訪ねるのだとか。今回もタイルークトゥン界の全てのレーベルから歌手たちがお祝いにやって来る予定。ルークトゥン界には大御所が何人もいますが、レーベルの垣根なく一つのコンサートにロゴマークを並べるのは、サワッド先生だけなのかも知れません。



前日4日夜、マハーサラカム行きの夜行バスで早朝に、バスターミナルに到着。乾季のこの時期イサーンだけでなくバンコクから北の地方は、時によっては冷え込みが激しくなります。とは言っても、10度くらいまで下がる程度ですが、平均気温30度の国では、それでも死人がでます。20度以下になるとタイ気象庁は、災害指定をして各自治体に警戒を促すのです。

町からは、現地の知合いと合流。車で開催地でもあるナーカーまで向かいます。前もって連絡を取っていたラムヨン先生の家に1時間足らず到着すると、すでに炊き出しの準備が始まっていました。



イサーン人の主食カオニャオ
日本人にはタイ米よりも合いますね

サワッド先生と同郷のノック・ラムヨン・ノンヒンハーオ。生家も車で10分とかからない距離のご近所さん。そんな彼女は1回目のときから、裏方で来客への食事を提供しているそうな。炊き出しには、実家のご近所さんがほぼ総出。田舎ならではの助け合いで、トンでもない量のカオニャオとおかずを次々と炊き出していました。

炊き出しは、お母ちゃんたちに任せてノック先生とファンクラブたちは、マハーサラカムの象徴でもあるお寺「ワット・プラッタートナードゥーン」にお参りに向かいました。チェディーの周りを三回廻って最後に祈りを捧げると願いが叶うのだとか。


วัดพระธาตุนาดูน จ.มหาสารคาม


バンコクや地元マハーサラカムから駆けつけたファンクラブの面々


一通りのお参りを終えて、いよいよコンサート会場となる小学校へ向かいます。ラムヨンのファンクラブとご近所のお母ちゃんたちは、バックステージで来客への食事サービスを担当します。


勢揃いしたラムヨン・ファンクラブ&ご近所同盟

バーン・ワンチャーンというサワッド先生が生まれ育った村は、対面通行の道が村を縦断するだけの本当に何もない場所。今でこそ、車も普及しましたが、その昔は村から町へ出るのも大変だった事を伺わせます。そんな村の通りを覗いてみれば・・・


普段は閑散としているであろう通りに並んだ屋台



民家の庭に設営された子供向けの巨大滑り台


明るいうちからダーツで白熱する野郎ども



カオチーは、辛いのがダメなわたしの救世主でしたwww


日も暮れて来て、バックステージの給仕も始まりました。
そして、いよいよコンサートが始まります。




コンサート会場となったバーン・ワンチャーン小学校





本番編へつづく
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 音楽

tag : ラムヨン・ノンヒンハーオ サワッド・サラカム コンサート レポート

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Information

Please visit our sponsor's site
==== Japanese No1 Dance wear Brand ====


タイランドハイパーリンク【12人のタイブロガー】に選定されました。


★☆★☆★☆タイに行きタイ★今すぐ予約!☆★☆★☆★

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
Welcome!!
ยินดีต้อนรับ!!
บล็อกนี้แนะนำให้คนญี่ปุ่นเรื่องลูกทุ่งหมอลำตั้งแต่ปี่2546

ルークトゥンタイランドへようこそ
本サイトは2003年から
ルークトゥン・モーラムに
ついて紹介している
日本で最初の専門サイトです。


YouTUBEチャンネル
随時更新中

現場の雰囲気を満喫下さい


Facebookでも
最新情報更新中


いいね!お願いします。
Category
Article
Comment
Search
ブログ内検察はこちらから
Recommend
タイ東北地方には進学を
諦めざる得ない子ども達が
子どもたちがまだいます


当ブログも応援してます♪


ラオスの子ども達にも
等しく学ぶ機会を!



お買物で国際社会貢献
民族衣装・アジア雑貨

タイの歌手へ提唱提供中!
日本のダンスウェア販売
トップサイト



タイ関連No1
ポータルサイト

タイと日本を結ぶポータルサイト
チャンノイ.ネット



Visit Amazing Thailand!
かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

Friends' Link
Loogthung Link
Promoter
 R-SIAM
 GMM GRAMMY
 SURE ENTERTAINMENT

RadioStation

 Luktung Mahanakhon

Artist

 Jonus&Cristy

 歌手のサイトは
 リンク切れ多発のため
 検証中。
Monthly
Reccomend Books
My works
 本サイトは「そむちゃい吉田」が運営管理しています。1999年からタイに在住し、2003年8月よりホームページで本サイトの前身を開設。2008年より本ブログへ移行。FacebookページYouTubeチャンネルも開設し、現在に至りました。
 業界内でも知名度も上がり、近年は独自のコンサート企画やコラボ、日本とのコーディネートにも関わるようになりました。最近では、歌手から日本行きや仕事の紹介を頼まれることもあります。
 歌手を呼びたい。コンサートへ行きたい。など、お気軽にお問い合わせください。少しでも、一人でもタイのルークトゥンが広まり、ファンが増えることが本サイト最大の目的です。


そむちゃい吉田の著書
なお、出版社解散につき、増刷はありません。現在出回っているものがなくなり次第絶版です。涙






==こちらにも寄稿中==




↓こちらもよろしく↓

BLOG Ranking

当ブログが参加している
ランキング
記事を気に入っていただけたら
ポチッとお願いします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。