スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーラムとは?

モーラムとルークトゥンの違い

 よくルークトゥンとモーラムの違いについて聞かれる。現在、この二つのジャンルを分けるものは、歌詞が標準タイ語かイサーン語かくらいになりつつある。大ざっぱにルークトゥンを演歌。モーラムを民謡と説明するガイドブックも目にするが、これはいい加減過ぎる説明で誤解を招いている。


ルークトゥンはポップス(歌謡曲)


 ルークトゥンは、元々ポピュラー音楽だ。今風のポップスが成立する以前、さらにロックやディスコ音楽すらなかったころには、一般大衆にとって外国音楽を模した音楽がルークトゥンだった。これは、ルークトゥンと言う言葉が定着する以前は「タイ・サコーン」(タイ風西洋音楽)と呼ばれていたことからもおわかりいただけるだろう。また、演歌ではないと言い切れる理由は他にもある。音楽的にも歌詞的にも、日本の演歌よりももっと、広い要素を含んでいるのだ。そのため、わたしは歌謡曲だと説明している。日本で1970年代に花盛りだった歌謡曲には、何でもありのパワーがあったが、今も昔もルークトゥンにはそれに相通じるものがあるのだ。


モーラムとは?


 タイ全土の庶民に聴かれていたルークトゥンに対して、モーラムは当初東北部、イサーン地方およびラオスで聴かれていた。そのためにモーラムの歌詞はイサーン語であり、そのままラオスでも通じる。しかし、時を経てイサーン人がタイ全土に出稼ぎにでるようになるとともに、全国区に広がった。このことは古い出来事ではない。

モーラムの意味
 第2次世界大戦の頃まで、タイ全土には宴会などの際に輪になって踊る「ラム・ウォン」と呼ばれるものがあった。これは今でもラオスには残っている。だが、そこで用いられる曲はルークトゥンだったり、ルークグルンだったりした。ラムとは、元来「踊る」という意味しか持たない。モーラムとは、言葉の意味としては 「踊りの達人」あるいは「先生」となる。しかし、イサーンやラオスに伝わって来た「モーラム」には、踊りと共に語り部がいた。彼らを指した言葉が「モーラム」として、そのままこの音楽についても「モーラム」と呼ばれるようになった。そして、本来の意味としてはおかしいものの「モーラム歌手」という、呼び名も定着したようだ。

伝統音楽としてのモーラム

 元々のモーラムは「ラム・プーン」と呼ばれ、イサーン独特の楽器「ケーン」ひとつを伴奏にして、語り部がその時々の社会的な話題や男女のありがちな話しをおもしろおかしく節を付けるだけのものだったようだ。日本風に言えば、講談か浪曲みたいなものと言えよう。 日本の浪曲や民謡などはきちんと歌も節回しも決まった形があるために師匠から弟子へと受け継がれて現代にも残っている。しかし、純粋なモーラムは即興で行われた。それが故に曲として残っている物はほとんど無い。そのスタイルのみが継承され、歌われていたことはその場限りの物だったのだ。  今でも地方では自治体の行事や、大きめの宴会などで見ることが出来る。観光客が見ることが出来るのは、コラートのスラナリー広場だ。片隅の小さなステージで、おじさんとおばさんが数名の演奏者と共に見事な「ラム」を聞かせてくれる。意味が分かればもっと楽しめるのだが、イサーン語で語られるそれは、旋律として聴くだけでも癒される。タイ人の反応を見ているとゲラゲラ、にやにやと笑い話を聞いているかのようだ。そこで語られているのは、男女の夜の話や人のうわさ話など、かなり下世話な世間話と思って間違いないので、そのあたりも頭に入れて聴いた方が良いだろう。

vlcsnap-1020237.jpg
コラート、スラナリー広場にて


進化し続けて来たスタイル
 モーラムのスタイルは、古い物から今に至るまでに様々な変化を遂げている。上述のラム・プーンが男女あるいは男二人で歌われ(ラム・クローン)、リケー芝居の要素を取り入れて(ラム・ムー)、いくつものスタイルが編み出されて来た。しかし、そこまではやはり技術を習得したプロにしか出来ない芸能であった。  テープやレコードが普及しはじめたころ、モーラムをもっと広く普及したい、誰でも歌えるようなモーラムをと編み出されたのが「ラム・プルーン」だ。このスタイルは、それまでの即興的なものを排除して、歌謡曲的なメロディーを中心にして、その合間にラムを入れるというもの。これなら一般人でもラムの部分だけ無視すれば、メロディーを歌える。このスタイルで売り出したのが、バンイエン・ラーケンやピムパー・ポーンシリー、ポンサク・ソーンセーン、サーアティット・トーンチャンであり、ハニー・シーイサーンだ。

barnyen.jpg
バンイエン・ラーケン


そして、今
 今現在、わたしたちが耳することが出来るモーラムは、全てこの歌謡モーラムといっていい。中にはまんまルークトゥンをイサーン語で歌ったものもある。これらは、近年「ルークトゥン・イサーン」と呼ばれるようになっている。ターイ・オラタイやマイク・ピロムポンがその筆頭だが、チンタラー・プンラーブがその始まりだったように思う。彼らの曲は基本的にはモーラムではない。  伝統的なモーラムは残念ながら、一般に流通する中ではあまり聴くことができないのが現状だ。少しでも近いものとして名前を挙げるならば、サーアティット・トーンチャンとバンイエン・ラーケンだろう。両名とも大ベテランだが、いまでも現役だし彼らを超える歌手は未だに出て来ていない。それどころか音楽としてのモーラムは、ここ数年あまり元気がない。ステージでのコメディーな部分を売りにした「ポンラン・サオーン」。その規模と歴史もある「シアン・イサーン」と見るべき物はいるのだが、どちらも歌よりもタロック(お笑い)の方に人気が集中しているのだ。しかし、もともとモーラムは、芸人が即興で繰り広げた節を付けた漫才みたいな物だった。だからこそ、モーラムのステージでコントが演じられるというスタイルは、自然な発展系の姿ともいえるのかも知れない。 <お断り>  これらモーラムについての歴史的認識や解釈については、私自身まだまだ勉強中なために今後変わる事もありますので、どうかご寛容にお願いいたします。また、お気づきの点などご指摘歓迎です。






この記事へのコメント

mixiモーラムコミュに有意義なコメントをいただいているので、こちらへ転載します。

posted by nandarty < 2008年03月03日 16:01 >
はじめまして。 10年ほど前でしょうか、「赤い大地を巡る歌~タイ・モーラムの世界~」という番組を見て以来、モーラムというものに関心を持ちました。 シリポーンの歌う「ボーラックシーダム」は未だに私の携帯の着メロです(笑) ブログの更新を楽しみにさせて頂きますね。 がんばってください。

posted by ☆クルワイやす☆ < 2008年03月03日 19:54 >
凄く勉強になりました。ありがとうございます。イサーン大好きで、着歌も『モーターサイハン』にしてます。ところで、自分もモーラムとルゥークトゥンのVCDを自室で視ているのですが、最近よくわからないようになってしまいました。上の方もおっしゃっておられましたが、“シリポン”はモーラムなのでしょうか?何度も聴いてる内にわからなくなりました。そして、モーターサイハンのロクサレーンはルゥークトゥンでしょうか?モーターサイハンは、モーラムの様な気がするのですが…お教え下さい。

posted by かおにゃお < 2008年03月03日 20:39 >
♪nandartyさん♪
わたしもその番組は見た記憶があります。 NHKでしたよね? バンコクにいるときは日本のテレビはNHKしかなかったので。 ブログ、マイペースにのんびりとですが続けてみますね。 たまにコメントいただけると嬉しいです。

posted by かおにゃお < 2008年03月03日 20:46 >
 ♪☆クルワイやす☆さん♪
ボーラックシーダムは、モーラム最初にして最大のヒット曲。 シリポン自身、この曲だけで10年以上暮らしてました。 グランミーに移籍して、パリンヤーチャイが2曲目のヒットとなったんです。 モーターサイハーンは、ちょうどクン・ラムヤイと同じ時期に大ヒットしましたね。 実はモーラム=ボーラックシーダムだったのを打ち破ったのがこの曲でした。 ロックサレンにとっては、2曲目のスマッシュヒット。 この曲の少し前にアイヌムローソー(私の彼は低学歴)がヒットしてました。 でも、コレ以来パッとしなくなってますが、まだ活動は続けていますね。 さて、ご質問ですが、両者ともモーラムと言っていいのでは? 厳密に伝統的な部分にこだわると両者ともにモーラムではなくなります。 が、ヒットした曲と上述の歌手は皆、歌謡モーラムなのです。 つまり、この歌謡モーラムが現在のモーラムになっていますので。 この伝統的なモーラムについて、後日ブログの方でもう少し書き加えてみますね。

52008年03月03日 21:26 nandarty 私が決定的にモーラムに嵌ったのは偶然、東急前の広場で見た野外コンサートに 出演していた「ロック・サドゥ」でした。7年ぐらい前かもしれません。 彼らの音楽はハッキリ言って、衝撃でした。モーラム+ロックの感覚でした。 彼には私の住む大阪でもコンサートが有り行きましたが そのときタイ語の堪能な友人を通してお話を伺いました。 大学を出ても良い就職先が無くて好きな音楽をしたこととモーラムなんで 収入も少ないことや、そのときにシリポーンがグランミーに移籍することも 聞いていました。 逆に日本の大卒の初任給など色々と聞かれたことを思い出しました。 ソロになった今も彼のCDだけはタイで買うようにしています。 ロック…というグループがでた根本は ロック・サドゥですよね。

posted by かおにゃお < 2008年03月03日 23:41 >
 ♪nandartyさん♪
リーダーのピー・サドゥはアマチュアだった頃、プアチウィットのカンピーに似ていることから話題になってスカウトされたというエピソードがありますね。 シリポンのボーラックシーダムのアレンジは、当時斬新なものでしたが、 彼らの基本はラムシンですね。 ロックサドゥは、モーラムに新しい風を送り込みました。 今よりもずっとモーラムが生き生きとしていた頃です。 それと、今でもタイでは、男は女性の歌を歌わないという不文律みたいな ものがあるのですが、ピーはそれをも打ち破ってますね。 最近でもプムプアンのナクローン・バーンノークを歌ってヒットさせてますね。

posted by ごん < 2008年03月04日 21:02 >
こんばんは、 微妙ですね‥ハニ~とかならモーラムと言い切れますが 私的にはモーターサイハンとかは モーラム?って感じです‥ シリポンもボーラックシーダムはモーラムですが ルゥークトゥンも歌うしモーラムも歌うって感じかな‥ はっきり分けるのは難しいですね‥

posted by みゃう < 2008年03月04日 21:35 >
コンバンワ。 モーラムでラム・プー(ル?)ン、クロンをちゃんと 歌いこなせる世代は、イサーンでもやはり既に50才台で、 ある人はナタシンで教え、またコミュニティに呼ばれアフタースクールで 小・中高学生に教えたりしています。決して型が無いわけではなく、 口承で本来伝えて行ったもののようです。 でも、大衆音楽産業から見ると、やはり↑はローカルな現象ですね。 コンケンやウボンなどイサーンの都市なら、伝統・ルーツモーラムの 名人たちのテープを再リリースしたCD化がかなり出ています。 バンコクではやはり、殆ど入手しにくいですが、イサーンのしかるべき規模の 店に行けば、ちゃんとコーナーがあります。 やっぱりそれを聞いてもらいたいですね~ 私の感じでは、沖縄の島歌正統派とかにも近いと思います。 音楽のあり方としても。あ、あと河内の新聞読み的な要素プラス、かな? なーんて語学的にちゃんと説明できない私が言うのはナニなので 是非かおにゃおさんとかにお願いしたいです♪ 歌の内容は男女の掛け合い、時事社会の噂・願望、そして仏事に関わる ものもあるようです、イサーンにおいてはレーの代わり? あと、「ラム」は、モーラムにおいては言葉、とか歌(詞)とかの意味では 無かったでしょうか(勘違いかもしれません)? つまりモーラム=歌の達人みたいな。 一応↓(あくまで所詮wikiですが) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0 あと、一応アカデミ(ユネスコ) http://www.accu.or.jp/ich/jp/arts/A_THA7.html

posted by かおにゃお < 2008年03月04日 21:46 >
 ♪ごんさん♪
実はわたしも同感です。 しかし、モーラムを厳密に分けようとするとかなり範囲が狭くなります。 この辺は、また改めて書き足したいと思っているところです。 以前、タイ人のプロデューサーに聴いた話では モーラムとは ・演奏にケーン、チン、チンチャープ、ソー、ポンラーンが含まれていること。 ・演奏のスタイルに沿っていること ・イサーン語で歌われていること。 これが最低条件だといわれました。 ただ、これでも随分と緩いのでは? と質問したら「その通り」だと。 モーラムだけでは商売として成り立たないと言う事情も踏まえて ルークトゥン・イサーンが主流となっているということ。 純粋なモーラムは、即興語りであり曲よりも詩がメイン。 継承されるべきものは、その演奏スタイルが主だが、 歌手へはその歌唱スタイルとしてのみ継承されて来た。 この考えに沿っていえば、シリポンもロックサレンも、もはやモーラムではないのです。 彼ら(ラム・プルーン)が出て来たとき、すでにこういった論争はタイでも起きていたようです。 ただ、やはり売れるが勝ちという理論と タイ人特有のまぁ、いいんじゃない?という感性のもと今に至っています。 悲しいかな、売れない物は消え行くしか無い。 しかし、売れた物にくっついてかろうじて、伝統的なスタイルをも継承しようとしている人達もたくさんいます。 シリポンやシアン・イサーンが未だに大規模な楽団を率いているのもその理由に寄るところが大きいです。 話は逸れますが、 こういった楽団も歌手専属と言えるのは5つくらいしか無く、 あとは普段は事務所に所属していて、歌手に呼ばれて出かけて行くというものが圧倒的に多いのです。

posted by かおにゃお < 2008年03月04日 22:05 >
♪みゃうさん♪
>歌いこなせる世代は、イサーンでもやはり既に50才台で、ある人はナタシンで教え、またコミュニティに呼ばれアフタースクールで 小・中高学生に教えたりしています。

わたしもこれを聞きたいんです! 先年、チャウィワンさんの講義へのお誘いをお断りしたのはいまだに悔いてます。 また、機会があれば教えてください。 まだ、講義はされているのでしょうか? さて、反論するようで申し訳ないのですが。 わたしは言語学者でなく、専門的に学んだわけでもありません。 以下は、単にタイで普段の会話から観察した結果にもとづいて分析した物です。 ラム=歌という解釈は多いに疑問です。 普段の会話では、タイ語もラオ語も歌はプレーンです。 ラムが用いられるのは「踊る」を意味するときだけです。 タイ人特有の鷹揚な使い方もありますが、 それにもとづいたとしても、 モーラムとは歌の達人というより歌いながら踊ることの出来る達人 ということになる。というのがわたしの得た結論です。 それにしても、ユネスコの文化遺産とされていたんですね。 知りませんでした!

posted by みゃう < 2008年03月04日 22:52 >
いやいや、去年の女史授業見学の件は、私も時間が合わず、逃した状態で、かえって時間作って来てもらったら空振りで 申し訳なかったので、怪我の功名?でした。  一応今年も継続して授業を持つことになって入るみたいですが、やはり、大きな仏事や地元有力人の祭りに呼ばれたり、 とか生徒とイサーン周遊、例によって大学内の授業は直前まではっきり確定できません。ので私もスピードクジ当てる位の 確立で次は是非、位に思っています。 でも是非是非、近日おにゃおさん他愛好有志を現地に「拉致」したいです。 まずはルーツを聞いて見て!しか説明の仕様が無いので。  「ラム」についてですが、 以前星野(龍夫)先生、あと直接名人からも「(歌)詩」である、 と聞いたことがあるようなします(←あくまで純粋な受け売りです)。 ただ、伝統的モーラムには所謂現在のようなショーアップした歌手及びダンサーの「踊り」はありません。ユネスコの写真に見るように 手でマイム的にリズムを取りつつ、の程度です。 ので、現在のダンサー的な要素は90年代からルークトゥンの影響、またはタイ的ショービジネスのスタイルを取り入れて行ったのでは? と私は想像してみます。 あ、これについては・・・私は論議できる能力アタワズ、なので今ふか~くリサーチをしているモーさんが居るので、聞いてみます。 ラオ語的にはどうなのか、を、分かったらまずお知らせしますね。 あ、参考までに、ご覧になったかも、ですが muriさんの所より you tube ラオ・モーラムクリップ集 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=18192590&comm_id=216804 殆どござに座って歌い・演奏してますね。 歌垣って感じでしょうかね。 ↓これは特に面白い。私の見た当時の農村でのモーラムや、 80年代半ばNHK「旅芸人の世界」で 紹介された当時のチャウィーワン女史のラムにかなり近いです。 最近の南ラオのモーラムの著名男女歌手らしいです。 Lao Village Music Party http://www.youtube.com/watch?v=76Vo0fxkNPE

posted by nandarty < 2008年03月06日 21:54 >
突然で申し訳ないのですが タイの歌手さんを説明するのに友人などに手っ取り早いので日本の歌手に当てはめて説明する時が有るんですが たとえば エームは 竹内マリア ウータンナトンは 鈴木雅之 ピーバードは 沢田研二  ジェームズは 田原俊彦 プンプアンは 美空ひばり マイクは 鳥羽一郎 など となるとモーラムの歌手さんってやっぱり説明しにくいですよね。 ド演歌や民謡の歌手で、という例えになりますかね。 すみません、強引な例え方で…。

posted by muri < 2008年03月09日 19:07 >
横からすいません。ラムについて自分も昔気になったことがあったので、以前書いた文章をコピペしときます。
 --- ラム(ลำ) については諸説が有り、以下の説は正しいかもしれないし、今後また別の説の新たな証拠が見つかるかもしれない。 説1 ラ ム(ลำ) は長い事物に対する類別詞。 例えばラムパイ(ลำไผ่) は竹、ラムナム(ลำน้ำ) は水流、ラムコン(ลำโขง) はメコン川、など。 土地の民話やイサーンの文学作品は非常に長いためラムと呼び、これらの内容やセリフを暗唱する人のことをモーラムと呼んだ。 説2 かつては土地の民話や文学作品は椰子の葉で作った紙や竹の皮、または竹そのものに記録された。 これらの記録された文学のことをラムと呼び、それを読んだり語ったりする専門家をモーラムと呼んだ。 語 りや歌をイサーン地方やタイ南部でラムと呼ぶのに対し、タイ北部ではカップ(ขับ) と呼ぶ。 またタイ中部ではカップラムナム(ขับลำ นำ) と呼び、ラムは歌の題名の接頭語としても多く使われていた。現在は ローン(ร้อง) まはた カップローン(ขับร้& #3629;ง) という語が使われる。 -- 写真はその昔の文学作品で、モーラムの起源と言われる古文書です。バイラーンと呼ばれます。す。先月マハサラカムで撮りました。 こ の辺の話は、 "ใบลาน" หมอลำ でググるといっぱい見れます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : タイの歌謡曲:モーラム
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

♪シライさん♪
どうすれば・・・
どこに行けば参加できるのか・・・
わたしにとってもそれが一番の悩みです。
バンコクで唯一、これができるのはやっぱり
イサーン・タワンデーンでしょうねぇ。

 最後の結論いいですね。一度参加して見て下さい。しかし、どうやったら参加できるか情報を頂けませんか。これが一番の悩みです。

♪muriさん♪
すごく貴重な資料とコメント、有り難うございます。
でも、起源やいわれについては、わたしなんぞには太刀打ちは出来ません。
ただ、現在平易に使われている言葉の中から推測をするのみです。
また、そこまで突き詰めなくても楽しめるのがモーラムのいい点だとも思います。
一番言いたいのは、とにかく一度参加してみてくれと。
サンバも聴くだけではその楽しさがわからないように、
モーラムも聞くだけ見るだけでは、わたってもらえるとは思えません。
このページを読んだ方
興味が少しでもあるなら、一度参加してみてください♪
ここで一番言いたいのはコレです。
ここまでアレコレ述べた理屈はどうでもいいんです。
(元も子もないですね・・・)失礼♪

あらら、タイ語が表示されないですね。
テキストコードが対応できてないのかな?
♪nandartyさん♪
初めの頃はわたしもそう言う例え方をするほうが説明しやすいかな? とも思ったのですが、最近は面倒臭いということも相まって、あまりやりません。
でも、おっしゃる通りモーラムを例えるのは難しいです。
ということは、それだけオリジナリティーのあるタイイサーンが誇るべき音楽だと思っています。
わたしとしては、ブラジルのサンバやキューバのレゲエなどに匹敵する物ではないかと思っています。
だからこそ、この日本で強いては世界でメジャーに慣れる魅力のある物かと思います。

Information

Please visit our sponsor's site
==== Japanese No1 Dance wear Brand ====


タイランドハイパーリンク【12人のタイブロガー】に選定されました。


★☆★☆★☆タイに行きタイ★今すぐ予約!☆★☆★☆★

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
Welcome!!
ยินดีต้อนรับ!!
บล็อกนี้แนะนำให้คนญี่ปุ่นเรื่องลูกทุ่งหมอลำตั้งแต่ปี่2546

ルークトゥンタイランドへようこそ
本サイトは2003年から
ルークトゥン・モーラムに
ついて紹介している
日本で最初の専門サイトです。


YouTUBEチャンネル
随時更新中

現場の雰囲気を満喫下さい


Facebookでも
最新情報更新中


いいね!お願いします。
Category
Article
Comment
Search
ブログ内検察はこちらから
Recommend
タイ東北地方には進学を
諦めざる得ない子ども達が
子どもたちがまだいます


当ブログも応援してます♪


ラオスの子ども達にも
等しく学ぶ機会を!



お買物で国際社会貢献
民族衣装・アジア雑貨

タイの歌手へ提唱提供中!
日本のダンスウェア販売
トップサイト



タイ関連No1
ポータルサイト

タイと日本を結ぶポータルサイト
チャンノイ.ネット



Visit Amazing Thailand!
かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

Friends' Link
Loogthung Link
Promoter
 R-SIAM
 GMM GRAMMY
 SURE ENTERTAINMENT

RadioStation

 Luktung Mahanakhon

Artist

 Jonus&Cristy

 歌手のサイトは
 リンク切れ多発のため
 検証中。
Monthly
Reccomend Books
My works
 本サイトは「そむちゃい吉田」が運営管理しています。1999年からタイに在住し、2003年8月よりホームページで本サイトの前身を開設。2008年より本ブログへ移行。FacebookページYouTubeチャンネルも開設し、現在に至りました。
 業界内でも知名度も上がり、近年は独自のコンサート企画やコラボ、日本とのコーディネートにも関わるようになりました。最近では、歌手から日本行きや仕事の紹介を頼まれることもあります。
 歌手を呼びたい。コンサートへ行きたい。など、お気軽にお問い合わせください。少しでも、一人でもタイのルークトゥンが広まり、ファンが増えることが本サイト最大の目的です。


そむちゃい吉田の著書
なお、出版社解散につき、増刷はありません。現在出回っているものがなくなり次第絶版です。涙






==こちらにも寄稿中==




↓こちらもよろしく↓

BLOG Ranking

当ブログが参加している
ランキング
記事を気に入っていただけたら
ポチッとお願いします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。