スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨードラック・サラクチャイ


~元祖 警官兼歌手~
ยอดรัก สลักใจ
ヨードラック サラクチャイ



(バンコク情報紙Web:2551(2008)年10月16日号掲載)

 PDA(民主主義市民連合)によるバンコクでの抗議活動は、日本でも敷地内に田んぼや売店が出現している様子をおもしろおかしく報道していた。サマック氏が閣僚の兼業を禁じた憲法に違反していたして免職にされて、ソムチャイ首相が就任したことで沈静化したとように見える。だが、新首相にも同じような疑惑が浮上している。
 政府閣僚には、かくも厳格にタイの憲法で禁じられている兼業だが、一般の公務員は逆に奨励されてきた。これは、苦しい財政のために低い公務員給料をアルバイトで補ってもらおうとした苦肉の策だった。ルークトゥン歌手としてその兼業をしていたのが、去る8月9日に肝臓ガンのために死去したヨードラック・サラクチャイ(享年52歳)だ。

 関連ページ:哀悼ヨードラック・サラクチャイ






 彼は、サーヤン・サンヤー、ワイポット・ペットスパン、そしてプムプアン等とともにルークトゥンの父スラポン亡き後で、第2次ルークトゥンブームを築き上げた一人だ。特に映画「モンラック ルークトゥン」の主題歌や「サムスィップ ヤンヂェウ」(まだまだイケてる30代)「アイ ヌム トゥー プレーン」(いかしたジュークボックス)などの曲で知られている。この時代の歌手たちはプムプアンと同じように学校へも通えない生活で、その才能を見出されたというのが多いのだが、彼もまた似た境遇にあった。

 ヨードラック(ニックネーム:エウ、本名:ニップ・プライワン)は、仏歴2499年(西暦1956年)北部ピチット県の貧しい農家で、8人兄弟の末っ子として生まれた。しかし、当時の義務教育である4年間をまともに通うことは出来なかった。7歳で父を亡くし、歌うことでひと晩に5~10バーツ(35~70B換算)を学費として稼いだという。その経験が歌手としての基礎を築いたのだろう。歌手としてデビューしたのは1970年代。ちょうどスラポン・ソンバッチャルーンによって築き上げられたルークトゥンが浸透した直後だ。当時のルークトゥンは、広く歌謡曲としてアイドル的な存在でもあり、ヨードラックはプムプアンと4本の映画で共演したほか、15本以上の映画に出演するなど俳優としても活躍していた。当時はテレビが一般家庭に普及する直前であり、日本で言えば石原裕次郎的な存在だったのかも知れない。

映画モン・プレーン・ルークトゥンFMより


 人気絶頂期に制服姿で舞台に上がっていた模様が前川健一氏の「まとわりつくタイの音楽」(めこん社)にも記述されている。2002年の映画「モン プレーン ルークトゥンFM」には、往時の本職でもある警察官の姿で登場している。だが、彼が警察学校を卒業したのは1991年であることから、警察官になったのはなんと歌手デビューの後だったようだ。その後も師範学校でも学位を取っており、彼が非常に勤勉だったことが伺える。


イフ・パンティップとのデュエットを収められたアルバム
「マレン・マイマー・イン」


 また、病に倒れる前の晩年、彼は新たにレコード会社を立ち上げていた。ワイポットがプムプアンを発掘したように、彼もまた次代を担う歌手の育成をもしたかったのだろう。ガンを発病し、入院した直後に発売され、彼の遺作ともいうべき作品「マレン・マイ・マーイン」には若手実力派イフ・パンティップとのデュエットがある。



มนต์รักลูกทุ่ง
モン・ラック・ルークトゥン)


สามสิบยังเเจ๋ว(サームスィップ・ヤン・ヂェウ)


หนุ่มหยอก สาวย้อน(ヌム・ヨーク・サーオ・ヨーン)
ยอดรัก สลักใจ & อีฟ พันธุ์ทิพヨードラック&イフ・パンティップ)


ไปจนได้ (パイ・チョン・ダイ)



ไอ้หนุ่มตู้เพลง
(アイ・ヌム・トゥー・プレーン)
(ゴット・チャクラパンによるカバー)
 


関連記事

テーマ : タイ歌謡曲の歌手
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1周忌追悼公演

 8月8日ワット・ライキン(ローズガーデン付近)で、追悼公演が開催されました。多数の歌手が参加しました。もちろん、イフ・パンティップも参加しておりました。最後はヨートラックの物真似をする人でした、翌日はピシット(ヨートラックの故郷)で追悼公演を開催すると言っておりました。

Information

Please visit our sponsor's site
==== Japanese No1 Dance wear Brand ====


タイランドハイパーリンク【12人のタイブロガー】に選定されました。


★☆★☆★☆タイに行きタイ★今すぐ予約!☆★☆★☆★

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
Welcome!!
ยินดีต้อนรับ!!
บล็อกนี้แนะนำให้คนญี่ปุ่นเรื่องลูกทุ่งหมอลำตั้งแต่ปี่2546

ルークトゥンタイランドへようこそ
本サイトは2003年から
ルークトゥン・モーラムに
ついて紹介している
日本で最初の専門サイトです。


YouTUBEチャンネル
随時更新中

現場の雰囲気を満喫下さい


Facebookでも
最新情報更新中


いいね!お願いします。
Category
Article
Comment
Search
ブログ内検察はこちらから
Recommend
タイ東北地方には進学を
諦めざる得ない子ども達が
子どもたちがまだいます


当ブログも応援してます♪


ラオスの子ども達にも
等しく学ぶ機会を!



お買物で国際社会貢献
民族衣装・アジア雑貨

タイの歌手へ提唱提供中!
日本のダンスウェア販売
トップサイト



タイ関連No1
ポータルサイト

タイと日本を結ぶポータルサイト
チャンノイ.ネット



Visit Amazing Thailand!
かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

Friends' Link
Loogthung Link
Promoter
 R-SIAM
 GMM GRAMMY
 SURE ENTERTAINMENT

RadioStation

 Luktung Mahanakhon

Artist

 Jonus&Cristy

 歌手のサイトは
 リンク切れ多発のため
 検証中。
Monthly
Reccomend Books
My works
 本サイトは「そむちゃい吉田」が運営管理しています。1999年からタイに在住し、2003年8月よりホームページで本サイトの前身を開設。2008年より本ブログへ移行。FacebookページYouTubeチャンネルも開設し、現在に至りました。
 業界内でも知名度も上がり、近年は独自のコンサート企画やコラボ、日本とのコーディネートにも関わるようになりました。最近では、歌手から日本行きや仕事の紹介を頼まれることもあります。
 歌手を呼びたい。コンサートへ行きたい。など、お気軽にお問い合わせください。少しでも、一人でもタイのルークトゥンが広まり、ファンが増えることが本サイト最大の目的です。


そむちゃい吉田の著書
なお、出版社解散につき、増刷はありません。現在出回っているものがなくなり次第絶版です。涙






==こちらにも寄稿中==




↓こちらもよろしく↓

BLOG Ranking

当ブログが参加している
ランキング
記事を気に入っていただけたら
ポチッとお願いします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。