スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒットチャート【2552/04/05】

ルークトゥン・ヒットチャート20
by ルークトゥン・マハーナコンFM


 

4月5日

 今週のチャートは上がったのと下がったのとだるま落し的に入れ替わったという感じ。しかし、上位陣の人気は変わらないようだ。そして、タカテンが頭一つ飛び抜けているのも。

★今週のスポット・ライト・・・先週19位に初登場したピュアピュアにスポットライト。



<お知らせ>
 大好評をいただいているこのヒットチャートだが、今月から月2回の更新とさせていただきたい。第1週と第3週の日曜から火曜のあいだに更新。週一だと他の記事を書く時間が無いためにどうかご了解いただきたい。チャートに出て来ない歌手やイベントの情報などもまだまだあるので、バランスを取りながら更新したいと思う。





今週 先週 曲 名 歌 手
1 1 フェーン・ゲップ タカテン・チョラダー
~忍び愛~

 首位独走ついに10週目。さらに新曲もじりじりチャート上昇中。男女ともに人気が高いことも要因か。


収録アルバム
 ドーク・ニオン・バーン・カム
 ~闇に咲くネオンの花~





2
2 ヨーム・チャム・ノンファーディン イン・ティティカーン
~流れのままに~

 自然の流れには逆らえないという歌詞に多くの共感を呼んでいるのか。他力本願と見られがちなタイ人心理を反映しているようだ。
 
収録アルバム
 プレーンラック・チャーク・チャイ・イン
 ~インの心の歌~




3 5 マン・トントーン ポーイファイ・マライポン
~飲むしかないでしょ~

 ソンクラーンが近づくにつれ、またランクアップ。やっぱり、こういうお気楽、おちゃらけソングはお祭りには欠かせない? 

収録アルバム
 マン・トン・トーン
 ~飲むしかないでしょ~


4 3 ヤーク・ミー・ター・ペン・フェーン パイ・ポンサトン
~恋人になりたい~

 タカテンとのアベック1−2も遂に終止符?とはいえ、二人とも人気トップの座はすでに揺るぎないものになったか。前作からの「コンバーン・ディオカン」もまだランク内にいるのも驚きだ。 

収録アルバム
 ヤーク・ミー・ター・ペン・フェーン
 ~恋人になりたい~




5
6 イッチャー ビウ・ガラヤニー
~妬きもち~

 この曲と前作「ポッチェッ」の2曲以外は全体的にユックリした曲が多い。
オーソドックスなルークトゥンが好きな人には、牧歌的とも言える曲調は好まれるだろう。

収録アルバム
 ガムランチャイ・チャーク・デーングライ
 ~故郷は心の支え~


6
4 クワーム・キットゥン・ガムランチャイ
・ドゥンターン
ゴーガイ・ガップ・ナーイソン
~無事を祈ってる~

 南部出身の二人。毎週ランクは上下するが歌詞の良さが人気なのだろう。アルバムタイトルは南部芸能ノーラーから来たものか。


収録アルバム
 ノーラー・ヨット




7
8 キッ・ダイ・ンガイ サーオマート・メガダンス
~なんてこと~

 大ヒットしたダーオ・マハーライに続く今シーズン2曲目は、正統派のバラード。ロック系のアレンジは、ハスキーな彼女の声によく合っている。 

収録アルバム
 ダーオ・マハーライ
 ~大学の星~




8
7 スサーン・フアチャイ ポッj・スワンナパン
~心の墓~

 マハーナコン・アワードでプアチウィット最優秀新人賞を受賞した超ロングヒットは16週チャートイン。

 収録アルバム
 クワームファン・レ・クワームラック
 ~夢と愛~





9
10 ヘッポン・ティー・トン・ヂェップ ターイ・オラタイ
~悲痛の理由(わけ)~

 じりじりとランクを落としつつも、まだまだ根強い人気。


 収録アルバム
 コン・ナイ・クワーム・キッホー
 ~意中の愛しい人~





10
11 ミス・シス・ヒヤン チンタラー・プンラーブ
~ミス・妄想~

 じりじりと上がって来て遂にトップテン入り。巷の評判も上々のよう。曲名のシスには、死ぬ。ヒヤンには短いという意味があるので「短い間だけのミス」と理解。 しかし、アルバム名は何かヘビメタ系のようだ。  

 収録アルバム
 チンタラー・クロブクルアン・チュッティー3 
 フル装備チンタラー 第3巻






 =============================================


11
13 ルクスン・テー・マイトゥン・フェーン キーム・ピムワライ
12
16 テーピー・バーン・プライ クン・スティラート
13
14 ダーオ・マハーライ サーオマート・メガダンス
14
17 チャン・マン・タ カテー
15
12 コン・バーン・ディオ・カン パイ・ポンサトン
16
18 ドーク・ニオン・バーンカム タカテン・チョラダー
17
15 マー・ティラン・ワン・テン ヌイ・スウィナー
18
B ナーン・ファー ソンクロード・チャーマー
19
19 レーロム・ルワン ピュア・ピュア
~風に願う~
 この歌手はロッファイ・ドントリー(Music Train)の新人らしい。ソムチャイ・ヤイというプア・チウィット系歌手の曲をカバーしたようだ。オリジナルよりも情感溢れる声質がいい。

 

<収録アルバム>
 コン・レン・ティー・プー・ダイ
 ~おしゃべりなオモチャ~ 

 アルバムでは他にもデビッド・インティーなどの曲もカバーしている。
  


20
9 ヤー・クッ・ナック ケェット・ラタカーン




- - スポット・ライト - -


Music Trainの秘密兵器? ピュアピュア

 先週19位に登場した「ピュアピュア」。この新作の情報はまだ皆無なので、新人かと思ったら昨年にもアルバムを出していた。
レーベルも同じ「Music Train」ここの歌手は、過去にもデビッド・インティー「ファーグ・フェーン・ポム・ドゥアイ」やオーイ・カトーン「ヌック・シアワー・ソンサーン」など、時折とてつもないビッグヒットを出すので、侮れない。

 ラック・マイチャイ・アイティム(左写真)がピュアピュアのデビューアルバム。ナコンサワン出身の22才で、シーパトゥム大学経済学部に在学中で今は学費を稼ぐ目的もあるようだ。 なお、先週初登場した際にはタイ語を誤読し「ピヨゥピヨゥ」などと読んでしまったがここで訂正させていただきたい。


ラック・マイチャイ・アイティム(愛はアイスじゃないの)


なぜか、日本語のタイトルが韻を踏んでる?


レーロム・ルアン(
オリジナル・バージョン):ソムチャイ・ヤイ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : タイの歌謡曲
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

♪シライさん♪

情報有り難うございます。
24ですか。
写真やMVは(他の人もそうですが)ふけて見えますからね。

ピアオピアオ

 6月20日のウェーティータイにピアオピアオが登場したので、舞台裏で若干話しました。最初、中々話がかみ合いませんでしたが、年齢は24歳だそうです。

Information

Please visit our sponsor's site
==== Japanese No1 Dance wear Brand ====


タイランドハイパーリンク【12人のタイブロガー】に選定されました。


★☆★☆★☆タイに行きタイ★今すぐ予約!☆★☆★☆★

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
Welcome!!
ยินดีต้อนรับ!!
บล็อกนี้แนะนำให้คนญี่ปุ่นเรื่องลูกทุ่งหมอลำตั้งแต่ปี่2546

ルークトゥンタイランドへようこそ
本サイトは2003年から
ルークトゥン・モーラムに
ついて紹介している
日本で最初の専門サイトです。


YouTUBEチャンネル
随時更新中

現場の雰囲気を満喫下さい


Facebookでも
最新情報更新中


いいね!お願いします。
Category
Article
Comment
Search
ブログ内検察はこちらから
Recommend
タイ東北地方には進学を
諦めざる得ない子ども達が
子どもたちがまだいます


当ブログも応援してます♪


ラオスの子ども達にも
等しく学ぶ機会を!



お買物で国際社会貢献
民族衣装・アジア雑貨

タイの歌手へ提唱提供中!
日本のダンスウェア販売
トップサイト



タイ関連No1
ポータルサイト

タイと日本を結ぶポータルサイト
チャンノイ.ネット



Visit Amazing Thailand!
かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

Friends' Link
Loogthung Link
Promoter
 R-SIAM
 GMM GRAMMY
 SURE ENTERTAINMENT

RadioStation

 Luktung Mahanakhon

Artist

 Jonus&Cristy

 歌手のサイトは
 リンク切れ多発のため
 検証中。
Monthly
Reccomend Books
My works
 本サイトは「そむちゃい吉田」が運営管理しています。1999年からタイに在住し、2003年8月よりホームページで本サイトの前身を開設。2008年より本ブログへ移行。FacebookページYouTubeチャンネルも開設し、現在に至りました。
 業界内でも知名度も上がり、近年は独自のコンサート企画やコラボ、日本とのコーディネートにも関わるようになりました。最近では、歌手から日本行きや仕事の紹介を頼まれることもあります。
 歌手を呼びたい。コンサートへ行きたい。など、お気軽にお問い合わせください。少しでも、一人でもタイのルークトゥンが広まり、ファンが増えることが本サイト最大の目的です。


そむちゃい吉田の著書
なお、出版社解散につき、増刷はありません。現在出回っているものがなくなり次第絶版です。涙






==こちらにも寄稿中==




↓こちらもよろしく↓

BLOG Ranking

当ブログが参加している
ランキング
記事を気に入っていただけたら
ポチッとお願いします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。