スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タカテン デビュー秘話

 フェーン・ゲップ、ドークニオン・バーンカムが大ヒット中のタカテン。デビューからわずか3作目にして不動の人気と地位を築き上げたとも言えるかも知れません。

 そんなタカテンと先日来日していたアイドル歌手アイス・サランユーが同じオーディション番組出身だった事は、先日お伝えしました。今回はそのデビューまでの道のりとこぼれ話をお届けします。なお、これはテレビ番組のインタビューから記事と写真を起こしていますので、とくに写真は見づらかったりしますが、どうかご容赦下さい。




タカテン デビュー秘話


◆小さな頃
 タカテンの出身地はナコン・ラチャシマー県プラトンカム地区ノーンガリアン村。歌手として成功した今ではいい家も建てることができた。両親はタカテンは小さな頃から歌うのが好きだったと語る。あまりわがままなところはなかったけど、木登りが好きで気がつくと木の上からタカテンの歌声が聞こえて来たという。それを聞かされていて、うまいかどうかはわからなかったけど、声は良いんじゃないかと思ったという。


タカテンと両親




タカテンの実家


◆初めてのオーディション

 小さな頃に一度だけオーディションを受けたことがあったが、落選。15~6才の頃にバンコクのグランド・バンケーで行われた「パン・シアン・トーン」という大きなオーディションを受けた。初めてのオーディションだったし、それまでに体験したことの無い大きなステージで、ライブで、しかも生バンドで歌うのは初めての経験だった。ドキドキであがりまくってしまったけれど、予選から月間、年間と順当に勝ち残った。あの頃は家族は貧しくて、タカテンも縫製工場で働いていた。新しい服を買う余裕も無かったし、きれいな服も持っていなかった。その日着て行ったのもすり切れたような古い服。最初に勝ち残った時は「ウッソー?」と信じられなかった。全てが初めての体験だったし、テレビで中継されると言うのも初めてだった。しかし、父は娘が大勢の参加者の中で優勝することを信じていたし、大変誇りに思うと言う。(写真:タカテンの父)


◆恥ずかしかったこと
 オーディションで優勝したタカテンには、その後いくつか仕事が入って来た。お寺や地域のイベントなどで歌いに出かける日が何度となくあった。呼ばれれば、ギャラが 無くても出かけたという。しかし、恥ずかしい思い出として今も忘れられないことがあるという。プムプアンのナクローン・バーンノークを歌ったのだが、歌詞を飛ばして歌ってしまったのだ。間違えた所で歌い直しになり、二度目は無事に間違えずに歌い終わったものの、恥ずかしくて演奏も終わっていないのにステー ジを降りて、そのまま家に帰ってしまったことがあったのだとか。



◆ファーストステージショーのこと
 番組では、他の参加者はみんなストリング(ポッポス)ばかり。タカテンは、ただ一人ルークトゥンを歌って参加した。最終選考ではCalories Blah BlahのPop、アイス・サランユーなどがすでに人気もあって、一人浮いている感じがしていたけれど、選考の間は他の参加者みんながうまいんだから大丈夫だよと励ましてくれたのが嬉しかった。そして、総合で3位、歌唱で2位と見事に入賞を果たした時には「ホントに?わたしルークトゥンよ??」などと思ったそうだ。


 番組のインタビューはここで終わっているが、それまでバックの映像ではファーストステージショーの映像が流れていました。その中のキャプションに、タカテンがノンタブリー在住でバスの車掌をしていると出ています。しかし、そのことについては触れられていないので、詳細はわかりません。もしかしたら、旅行中にタカテンが乗ったバスに乗り合わせていた人がいるのかも知れませんね。また、ファーストステージショーという番組は当時、わたしもバンコクで何度か見たことがありますが、若いポップス、アイドル系の参加者ばかりで、ルークトゥンを歌っているのは記憶がありません。今思えば、もっとしっかり見ておくべきだったかなと少し後悔もありますが、デビュー曲「コー・チョン・ナイチャイ」が出て来た時は、奥サンと共に良い歌だねと一遍で気に入ったことをよく覚えています。しかし、その子が今をときめくタカテン・チョンラダーだと言うことを知ったのはかなりあとになってからのことでした。





<ファーストステージショー>




肌が黒くてまさに田舎娘という雰囲気


アイス・サランユー


Calories Blah BlahのPop


入賞者発表の直前


発表直後


そしてプロジェクトアルバムのレコーディング



ファースト ステージ プロジェクト
(現在は廃盤)




◆ファーストステージショーから巣立った時のデビュー曲

・アイス・サランユー คนมันรัก 「コン・マン・ラック」

・ポップ(カロリーブラーブラー)ยังเหมือนเดิม 「ヤン・ムアン・ドゥーム」


・タカテン ขอจองในใจ 「コー・チョン・ナイチャイ」


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : タイ歌謡曲の歌手
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

♪おやぢさん♪

励みになるコメント、ありがとうございます!
これからも頑張りますです。

でも、時折間違いや、勘違いもありますので、
その時はご指摘くださいませ。。。

No title

そむちゃい 様

こんばんは。
タカテンのデビュー秘話、大変興味深く拝見しました。
日本のファンにはこういう情報は滅多に伝わって来ませんのですごく嬉しかったです。
これからも記事の方楽しみにしております。
(ジャカジャンの情報などありましたらよろしくお願いします。)

Information

Please visit our sponsor's site
==== Japanese No1 Dance wear Brand ====


タイランドハイパーリンク【12人のタイブロガー】に選定されました。


★☆★☆★☆タイに行きタイ★今すぐ予約!☆★☆★☆★

  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
Welcome!!
ยินดีต้อนรับ!!
บล็อกนี้แนะนำให้คนญี่ปุ่นเรื่องลูกทุ่งหมอลำตั้งแต่ปี่2546

ルークトゥンタイランドへようこそ
本サイトは2003年から
ルークトゥン・モーラムに
ついて紹介している
日本で最初の専門サイトです。


YouTUBEチャンネル
随時更新中

現場の雰囲気を満喫下さい


Facebookでも
最新情報更新中


いいね!お願いします。
Category
Article
Comment
Search
ブログ内検察はこちらから
Recommend
タイ東北地方には進学を
諦めざる得ない子ども達が
子どもたちがまだいます


当ブログも応援してます♪


ラオスの子ども達にも
等しく学ぶ機会を!



お買物で国際社会貢献
民族衣装・アジア雑貨

タイの歌手へ提唱提供中!
日本のダンスウェア販売
トップサイト



タイ関連No1
ポータルサイト

タイと日本を結ぶポータルサイト
チャンノイ.ネット



Visit Amazing Thailand!
かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

かしこい旅、エクスペディア

Friends' Link
Loogthung Link
Promoter
 R-SIAM
 GMM GRAMMY
 SURE ENTERTAINMENT

RadioStation

 Luktung Mahanakhon

Artist

 Jonus&Cristy

 歌手のサイトは
 リンク切れ多発のため
 検証中。
Monthly
Reccomend Books
My works
 本サイトは「そむちゃい吉田」が運営管理しています。1999年からタイに在住し、2003年8月よりホームページで本サイトの前身を開設。2008年より本ブログへ移行。FacebookページYouTubeチャンネルも開設し、現在に至りました。
 業界内でも知名度も上がり、近年は独自のコンサート企画やコラボ、日本とのコーディネートにも関わるようになりました。最近では、歌手から日本行きや仕事の紹介を頼まれることもあります。
 歌手を呼びたい。コンサートへ行きたい。など、お気軽にお問い合わせください。少しでも、一人でもタイのルークトゥンが広まり、ファンが増えることが本サイト最大の目的です。


そむちゃい吉田の著書
なお、出版社解散につき、増刷はありません。現在出回っているものがなくなり次第絶版です。涙






==こちらにも寄稿中==




↓こちらもよろしく↓

BLOG Ranking

当ブログが参加している
ランキング
記事を気に入っていただけたら
ポチッとお願いします
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ
にほんブログ村 音楽ブログ タイ音楽へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。